見出し画像

愛と血と涙の女

昔、母のそれを見て大変な病気だと心配した。生理。私も大人の女性であるので毎月それは来る。台風ほど気まぐれではなく、周期的に来るものだけど、来るかと身構えてはなかなか訪れず、忘れた頃にチョロっとやって来るのは、やはり心理戦が関係しているのだろうか。昨日まで平穏で清々しい下半身だったのに、急に、荒れて蒸れて鈍い痛みに襲われて、何度となく赤く染まった布をもう別れの時かと涙の別れを告げた途端、しゅるっと何事もなかったかのようにまた平穏が戻る様子はまるで台風と同じなのだ。台風が、毎月体の中で発生していると考えると、遅延(遅刻)も運休(欠勤)も大目に見ていただいてもいいような気がするのだけど、なんとなく生理を言い訳にはしたくない性分で毎月頑張っている。

大好きな紗倉まな(まなてぃー)さんの大好きな連載「働くおっぱい」にて、まなてぃーさんは生理のことをベッドメイキングと例えていた。ああ、なんて綺麗な表現。そう言われれば、将来宿すか定かではないにしても、いつコウノトリが赤子を連れてきてもいいように、綺麗に丁寧にベッドメイキングを全うしようという気になったのだが、憎らしいくらいに痛む下腹部を抱えてそんな丁寧な物腰ではいられない。私はまだこの生理現象を手厚くもてなすほどの心の余裕がないのです。体は大人でも、中身はまだまだ小僧なのです。

我慢できるくらいの鈍い痛みに一日中ひっそりと刺激され、くたびれて家に帰ってはベッドに血をつけ、あぁもうなんだよと一人洗濯機の前で涙する。やっぱり生理の1日はロクでもない。女として性を受けた以上、ステキな羽毛ぶとんで我が子を寝かせてやりたいので、未知なる宝を夢見て、私は毎月受け入れる覚悟を決めた。(てか、受け入れざるを得ない)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます〜!!
4

とり

妄想で世界を平和にする暮らし。グラビアと写真が大好き。週プレ愛読者。

まいにち平和🕊

毎日更新中〜。木、金曜日は #週プレ感想文 のためお休みしてますが、ゆくゆくは木金も更新したいと考えております。くだらない毎日の思想が癒し。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。