見出し画像

Anyca(エニカ)を利用するメリット・デメリット

こんにちは、sugisanです。
↓自己紹介

私がドライバーとしてAnycaを利用して感じたメリット・デメリットを紹介します。

メリット

乗りたい車に乗れる
Anycaには普通のレンタカーでは借りられない車がたくさんあります。
現行の最新高級車から30年以上前の旧車まで。
幅広いラインナップがあるので次は何に乗ろうかな?と眺めているだけでたのしいです。

たまにはMT車や外車オープンカーなど普段とは違うドライブをしたい時に手軽に利用できるAnycaはオススメです。

料金がお得
Anycaは個人間のカーシェアリングですので中間業者がいない(CtoC)のでお得な料金で車を借りれます。
また利益では無く維持費の削減、共通の趣味を持った人との出会い、趣味車を買う際に奥さんを説得するためのツール、など様々な目的でオーナー登録をしている方も多く採算度外視の場合も。

借りる側からすればレンタカーよりもいいクルマをよりお得に乗れるので嬉しいですね。 

受け渡し場所を選べる 
レンタカーであれば営業所でクルマを借り、営業所に返す。
これが普通です。

しかし、個人間カーシェアリングの面白いところは
お互い都合の良い場所を相談して決めれるという事です。

駅・空港・自宅・スーパー・コンビニ
どこでも問題ありません。

駅前のロータリーを待ち合わせ場所にしておけば、最短距離の移動でクルマを借りれます。
空港の場合も同じで、スーツケースを引きながら歩くことなくターミナルの正面でクルマを借りれます。

もちろん、オーナーと相談して決めてくださいね! 

出会いがある
Anycaを通じて色々な方と出会えます。
普段であれば接することの無い年代・職種の方々とお話しできる機会が増えます。
連絡先を交換し仲良くさせて頂いたり、お仕事の話をしたり、車遊びを共にしたり、とAnycaによって人脈は広がります。

私は人との出会いを大切にしているので大きなメリットだと思います。

デメリット

事前のやり取りが面倒
個人間のカーシェアなのでどうしてもお互いの都合を考えなければならず、
日時調整→予約リクエストという形になり少し手間がかかります。

またメッセージでのやり取りですので慣れてない人は最初の一歩目を踏み出しづらいかもしれません。

オーナーによって差が出る
お店によって質や価格に差が出るのと同様にオーナーによっても差が出ます

Anycaでいう差とはパッと思い付くだけで、メンテナンス状態・清潔感・オーナーの質等ではないでしょうか?

メンテナンスは命に関わる重要な事ですが実際に借りるまでは分かりません。
清潔感においてもシートがお菓子の粉まみれだったら嫌ですが確認する方法はありません。

良いオーナー&車を見極める方法としてレビューの内容、自己紹介や車両紹介が丁寧に書かれているか?

保険の内容
Anycaの車両保険は上限300万円です。
300万円以上の修理代は自己負担です

しかし1000万円以上する高級車がたくさん登録されています。
私のZ4ですら700万なので...

高級車を借りるリスクも考えなければいけませんね。

僕の場合は、シェア中でも僕自身の任意保険が適応されるのでリスクヘッジは図ってますが、他のオーナーさんは知りません。

最後に

今回はエニカを利用してみて感じたメリット・デメリットを考えてみました。
最後までお読み頂きありがとうございました。

[宣伝]

ツイッターアカウントを作成しました!

カーシェア専用のブログを開設しました。

カーシェア専用のnoteを開設しました。

ぜひご覧&フォローしてください^ ^

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
24歳学生。 大阪でBMW Z4・メルセデスベンツ Cクラスをカーシェアにて運用中。RX-8・6シリ・CLSはセルアウト済。 2年で150回以上シェア、現在も関西No.1の実績。 得たノウハウを活用し、個人間カーシェアコンサルティング業務・中古車販売店仲介業務を展開中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。