今朝の夢。 赤い鼻緒の下駄?

夢ってなんだろう。なにを伝えているんだろう。

私の夢にはいつも知らない人ばかりが出てくる。
それもとっても大勢の、知らない人たち。
けれど、私は彼らと普通に話し、行動を共にする。

そんなわけで、知り合いが夢に出てくることはとても稀だから、
夢の中でその人が泣いていたりすると妙に気になって連絡したり。
そういう時って不思議と想いは重なるもので、
ちょっと悩んでいたんだよね、なんて言われたり。

昨日、私の夢の中に三人の知り合いが現れた。
知り合いと言ってもそれほど近しい間柄ではない。
だた、その影響力はとても大きいけれど。
不思議なことに彼らは現実とはまったく違う姿だった。
それでも、なぜだか彼らだとすぐにわかった。

男性が二人に女性が一人。
男性はどちらも好感が持てる相手だが、
女性にはかなりの苦手意識があった。

夢の中の彼らは大きいグループで訪れたお客様で、
私はそれを受け入れる側の担当者。
と言ってもお招きした相手というよりは施設使用。
だから私は淡々とその説明をしたりリクエストを聞いたり。

それなのにその女性はとても高圧的な態度で私に要求した。
私は「そう言うことはご自分でどうぞ」と切り捨てた。
一瞬のためらいもなかったことに拍手を送りたい。

彼女のその他の言葉も行動も、なぜか謎掛けみたいに不可解で、
なにを意味するものなのかちっともわからなかったし、
話の展開も結末も実は曖昧で覚えていないけれど、
男性のうちのどちらかと話したことが実に鮮明なのだ。

甲に三本ほどのストラップがあるサンダルに
黒いソックスをはいた自分の足が見えている。

足元、下駄だったらよかったのに、と彼が言った。
いつもは裸足に下駄ですよ。黒い下駄。赤い鼻緒です。
でも、今日は仕事ですから。
答えた私に彼が、そうか、と言って笑った。

それだけなんだけど、
それだけが、グルグルと目覚めた今も回ってる。

現実の私も基本ソックスは履かない。
そして、二年前の部屋履きは下駄だった。
鼻緒のレトロな感じの柄が好きだった。

去年の夏からは草履を履いているが、
草で編まれたものだから表面がすり切れて、
もう駄目になってしまった。
やっぱり下駄かなあって思ってた。

下駄も履き続ければ、削れたり凹んだりするけれど、
それでも木には厚みがあるから長く履くことができる。

その下駄は結局三年履いた。
最後は鼻緒がすり切れたんだった。
けれどその鼻緒の色は紫だ。赤ではない。
下駄の色も黒ではなくて、焼き加工だった。

どうして、赤い鼻緒の黒い下駄を履いてるだなんて言ったんだろう。
下駄は色々履いたけど、赤い鼻緒のものは履いたことがない。
この夏新調するなら、それにしろということなのかしら。
赤なんて、今まで思ったこともなかったなあ。

それを履いたら、そんなことを告げられる相手が誰か、
思いがけず会いに来てくれるんだろうか。
なにかがふと、始まったりするんだろうか。
赤と黒は、なにかのメッセージなんだろうか。

夢ってなんだろう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。重病に苦しむ子供たちの英国の慈善団体Roald Dahl’s Marvellous Children’s Charityに売り上げが寄付されるバラ、ロアルド・ダールを買わせていただきたいと思います。

ありがとうございます♫
6

イデ クララ ユカ

NYロングアイランド在住。アクセサリーブランド"Blue Millefeuille"オーダー製作の傍ら執筆活動中。ガーデニング・料理・刺繍ソーイング・着物が主な趣味。本は読むのも集めるのも好き。バラに満ちた秘密の花園を作りあげるのが夢。twitter.com/clrciel

空想の扉

考えることが好き。日々つらつらと、理由とか目的とはなく、ただこぼれ出したあれこれを、そっとまとめておこうと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。