臨床工学技士×〇〇を再考する


note2作目ではこんな記事を投稿しました。


今回は「臨床工学技士×〇〇」について再考し、さらに掘り下げていきたいと思います。


○○に入るものを考えてみる


「臨床工学技士×〇〇」では、

臨床工学技士という職業になにか違う要素〇〇を掛け合わせることで、個人としての価値を高め、これからの働き方にバリエーションをもたすことができる。

ということを書きました。


価値を高めたことでそれが何に繋がるのかいえばわかりませんが。


ブログに例えてみる


「×〇〇」を意識することで、ブログの価値が高まると集客に繋がると考えています。


この「臨床工学技士×〇〇」という考えの起源を辿ると、

同じくCEブロガーであるkenさんがきっかけです。



Twitterの紹介文にもある通り、最初の文字が

「筋トレ臨床工学技士」というワード。


僕はこれを見たときものすごい衝撃を受けた記憶があります。


「なんていうキャッチーな言葉なんだ...。」

「おもしろい!」


この衝撃で一瞬で覚えてしまいました。



例えばサイトの名前が「臨床工学技士ブログ」として、臨床工学技士全般に関する記事を分かりやすく、初心者でも見やすく書いたとしても

「つまらない」ですよね。


「筋トレ臨床工学技士」という言葉を見ると


「どんな臨床工学技士なんだ?」

「めっちゃ強そう」

「筋トレが気になる」

など、いろいろな興味や関心が生まれていきます。


これが「臨床工学士×〇〇」の効果だと思っています。




おもしろそうな○○を考えてみる


「CEさぼの備忘録」ってパッと見てどう思いますか?

つまらないですよね。


今だから少しずつ浸透していってますが(気のせいかもしれない)

PVアップや集客を考えるのであれば、これなら誰も見に来てくれないです。


臨床工学技士に掛け合わせるどんな○○があれば、Twitter上、ネット上が盛り上がるのかを勝手に妄想してみます。


ざっと考えてみたのを挙げていきます。

1.スポーツ×臨床工学技士

なんか運動療法にも繋げれそうでいいですね。


2.グルメ×臨床工学技士

学会等で出張するときに美味しいグルメや飲み屋さんを紹介してくれる。

けっこう学会行くので、こういう方がほんとに出てきて欲しい。


3.インスタグラマー×臨床工学技士

インスタ映えする写真や食べ物、スポットを紹介する。

女性受けが良さそうだし、集客力を考えたら半端なさそう。


4.イラスト×臨床工学技士

イラストが得意な臨床工学技士。

ブログ中で出てくる図やイラストはすべて自作。

イラストとか絵が上手い人って本当に尊敬する。

アイコンとか作って欲しい。


とか想像すれば無限に出てきそうで考えるだけでワクワクしますね。


○○を強調して例に挙げましたが、

あくまで臨床工学技士と結び付けて記事を書くのが大事です。


記事の内容をCE業務→〇〇→CE業務→○○みたいに

交互にやってもいいかもしれませんね。



こういう体験をして、

今後色んなCEブロガーが出てきて欲しいことを願っているわけです。


そしてどんどんインターネット上で、臨床工学技士を盛り上げていけばいいななんて妄想するわけです。


以上、息抜き記事でした。







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

CEさぼ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。