男も女も理系脳に育てるための母親の投資能力 イゲット千恵子

私は、数学の成績が悪かった。
数字を見ると、急に眠くなる病気
なんじゃないかと思うほど、
ある種の数字に拒否反応を起こしてしまう
典型的な数字が苦手タイプでしたが、
考え方は非常に理系脳だと思うのだ。

算数のころは簡単な計算が解けた時の
喜びなどあったし、
楽しかったと思うのだが、
数学のころになって、急に苦手になった人が
私だけじゃなく、一定の人口数がいるのは、
ただ単純に日本の数学教育は、
面白くさせない授業内容だったから
なんだろうと思う。 

私なんか、一つの答えしかないのなら、
「誰かがやればいい」
と思っていた態度のでかい子供だった
ふしがある。(笑)
「数式が美しい」とか言ってみたかった。

そのため、私は、
「数字は得意じゃない」ので、
自分の夫には理系男子しか選ばないし、
息子に至っては、生まれた時から、
20年後の未来を予測して育ててきたので、
「理系脳にしか育てなくていいや」
と思っていた。(笑)

この続きをみるには

この続き:2,981文字
記事を購入する

男も女も理系脳に育てるための母親の投資能力 イゲット千恵子

CEOペアレンツ倶楽部

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

CEOキッズビジネスプログラムは、児童福祉施設などへ無償提供をしており、noteでサポートいただきましたら、子供達への教材費に使わせていただきます。http://ceokidsacademy.com

4

CEOペアレンツ倶楽部

早期グローバル教育が学べるコミュニティー。海外での家庭教育から学ぶ、国際マナー、経営者教育、健康教養、地頭をよくする家庭習慣などの情報が学べます。詳細申し込みhttp://chiekoegged.com/ceoparentsclub 詳しい内容詳細はこちら http://c...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。