Cettia

のんびり、マイペースに歌う。 http://cettia.net

朝になったら

朝起きたらまたあーこの感じ
ひとり分の憂鬱とおはよう
しあわせな気持ちで寝たのに
効き目がないな

なんにもしなくていいよ
ただわかっていてほしいの
優しくなんてなれないけど
大事には想ってるよ

君は君の毎日
わたしはわたしのこと
たまには別行動
でもひとりじゃないから

いつだって君は君
いつだってわたしはわたし
君のこと教えてよ
わたしのことも話していくよ

君は今どこにいて
君は今何を思う

もっとみる

Empty

一周回って戻ったふりだし
言葉に変換できない気持ち
電車の中止まらない涙
それに気づかない誰かさん

コンビニ行ったらなんでもあるのに
わたしのほしいものって
ふわふわのケーキでもないし
ふわふわさせるお酒でもない

でも何がほしいのかわからない
まだ何がほしいのかわからない
もう何がほしいのかわからない
とりあえず退屈で死にそうだ

誰かに認めてほしいから
ひとりでは生きていけないから
疑って慰

もっとみる

ハッピーエンドと巡る夏

今年の夏すごく暑いよ
ニュースでも毎日やってるし
熱中症には気を付けるよ
君はもういないけど

君と観たあの映画なんだけど
もうすぐ完結するんだってさ
あんまり面白くなかったけど
君が楽しそうで嬉しかった

あれだけ偉そうに言っといて
これが君のハッピーエンドか
昨日夢に君が出てきたよ
どんな顔してたっけな

君がいなくなっても
季節はまた巡って
君のすきだった夏が来る
君のいない夏が来る

いつ

もっとみる

儚い

正解のない日々を泳ぐ
あふれる不安をやりすごす
終わりのないこの時間と
終わりのあるその鼓動
どこにいるのかわからないな

先の見えない現実に焦る
明日のことは忘れて飛び出した
足りない言葉も持っていこう
満たされない心も忘れずに

今がすりぬけていく
儚さなんて誰も教えてくれなかった
いつか君がいなくなっても
生きる力はちゃんと連れていくね

いつか終わってしまうなら
せめて今だけ隣にいて
忘れ

もっとみる

ほしにおちる

帰りの電車で吐きそうになった
心が発熱したみたい
きっと疲れてるだけだから
はやく帰ってねむりたい

からっぽな女の子たちは綺麗な服を着て
からっぽな男の子たちは綺麗な嘘を吐く

安心な僕らで旅に出たのに
効き目が切れてきたみたい
イヤホンを耳にねじこんで
はやく魔法にかかりたい

からっぽな僕たちは永遠にはなれない
からっぽな心で今日も生きていた

最後の夏の日
誰にも責められてないのに涙が止ま

もっとみる

Tsumasaki

国道沿いを歩くあなたの背中
わたしは背伸びをして追いかけた

足元がおぼつかないわたしを笑う
あなたはもうどこにもいないね

巡る、巡る、わたしの中
あなたの声が
巡る、巡る、わたしの中
あなたと過ごした季節たち

わたしがあともう少しだけ大人だったら
あなたはまだ隣にいたかな
背伸びした爪先がいたくても
それでもそばで笑っていたかった

わたしのこの歌は
もう届くことはないでしょう

巡る、巡る

もっとみる