イライラしがちな父母へ「子どもを怒らないためのマインドセットの方法 」

どうも、正直クソババアブロガーのちゃちゃこです。

正直クソババアの夫婦ブログ」というブログを運営しています。

私は現在37才です。5才の女の子と生後7ヵ月の男の子の母です。

子どもが生まれてから、5年と少し経ちました。

子どものことで心が揺さぶられることがたくさんあった5年間でした。

いろんなことがありましたねー。楽しいこともたくさんありましたが、悩むことも多かったです。

悩みに悩んだ日々を過ごしてきた私ですが最近やっと、「こういう気持ちを根本に持っていたらもう少し気楽で楽しい子育てができるんじゃないかな」と思えるようになってきました。

同じように悩んでいる親御さんが気持ちが少しでも楽になったら嬉しいなと思い、noteを書いてみることにしました。

「子育てが楽しいはずなのにとても苦しくなってしまった」

「子どもにどう接したらいいかわからない」

「もう少し楽に子育てできるようになりたいな」

と悩んでいるかたに読んでいただけると嬉しいです。

「子育てはこうあるべきだから、ちゃんとしないといけない」と思っているかたには合わないかもしれないので、読まないほうがいいかもしれませんね。

目次です。

第1章 怒ってもいい
第2章 怒るときは「子どものため」ではなく「自分のため」
第3章 子どもの経験・気持ちは子どものもの
第4章 子育ては自分(親)のためでいい
第5章 イヤイヤ期は「子どもとの距離感」をつかむ時期
第6章 自分を信じて子どもも信じよう
第7章 (裏技)人に言うことを聞いてもらう方法

子育てをしていて私が一番悩んだことは「怒ること」でした。

心の中で「怒る」「イライラする」ことはあっても、「誰かに怒鳴ること」はありますか?

私は大人になって、「怒鳴ること」なんてありませんでした。子どもの時の兄弟ケンカの時くらいかなぁ。

「怒ることを表に出すこと」はカッコ悪いことだと思っていました。

だけど、子育てをしていたら「怒りたい瞬間」が出てくるんですよ。

それも本気で怒りたくなるんです。

自分でも信じられない大声で怒鳴りたくなるときがあるんです。

子ども自身は悪気がなかったり、自分のことしか考えていなかったり、わざと困らせようとしてみたり、何度注意しても同じことをしたり、、、

いろんなパターンがありますが、「堪忍袋の緒が切れること」が日常茶飯事になりました。

現在7ヶ月の息子は可愛くて可愛くて仕方ありません。

時々泣きやまずに困ることがあるので「もう!うるさいなぁ」と言うことはありますが、本気で怒ることなんてないですね。

私が子どもに本気でイライラしてきたのは、1才半くらいからだったと思います。

「子ども相手に本気で怒ること」はめちゃくちゃカッコ悪いですよね。

「こんなに怒る私は最低の母親だ。。」

「怒りたくないのに、イライラすることをしてくるー!」

「子どもに自分の気持ちを振り回されすぎて疲れる。。。」

と思うことがどんどん増えていき、沼にしずんでいきそうでした。

そんな私ですが、以下の考え方に方向転換すると、子育てで悩むことがさっぱりとなくなりました。

ほんの少しの心の持ちようで、子どもとの時間が楽しくてかけがえのないものに感じられるようになります。

この続きをみるには

この続き:6,500文字/画像2枚

イライラしがちな父母へ「子どもを怒らないためのマインドセットの方法 」

ちゃちゃこ@正直クソババアブロガー

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

次の面白いコンテンツ作成のために使わせていただきます。

ありがたや!
4

コメント2件

即購入しました!!ちゃちゃこさんの書いてある事共感しまくりでした!とても心が楽になりました(*⁰▿⁰*)そして、こんなママ友居たら最強やなって思いました笑笑
ららさん ありがとうございます~😆😆
私たちママ友~wwwですよねwww
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。