見出し画像

ぼくの空白の文学、本来は出会うことのない、ぼくだけの文学を…20190801

毎朝自分の思ったことを…
空白の頭の中に浮かぶ空白の文字を…
書き留めるということをやってみたくなりました
朝通勤時、ぼくは自転車に乗って駅まで10分走りますが、とりあえず、その間に頭に思いついたことを音声でスマホに入力していきたいと思います…
後でそれがどんな文章になるのか?
まさに空白の空っぽの頭の中にある空白の文章、つまりいつもは出会うことのないぼくの文学に会えるのは間違いありません


風邪が長びいています

自分にとって声が出ないと言う事が様々なところで弊害を起こす仕事にいるのだなぁと実感しています…

何気なく使っている、その喉も、手も足も目も耳も…

生きていくための道具というよりは、もっと創造的なもので、自分の人生をクリエイトしていくツールなのでしょう

ぼくらは、キャリアを頭で構築し言葉で広げていく、そして感性で様々な人脈を作っていくと考えがちですが、その全てにおいて自分の身体というツールを最大限に使っています

なのでもっといたわらなければならない…

手を足を、目を耳を喉を…

毎日毎日よくやったと褒めてあげることがそのツールをより自分の脳に意識させ、そして結局は脳を喜ばすことが手や足を喜ばすことにつながります

生粋の騎馬隊は、その圧倒的な機動力を生み出す、馬の足を自分の命よりも大切にしたそうです

戦や調練が終わると、自分の食事よりも先に馬体を洗い、足や蹄の様子を見、まぐさを腹いっぱい食べさせ、その足は戦を勝利に導き国家を支える重要なツールであり、そこに一分の怠りも見せない

僕たちの手、足、目、耳、喉、もまさに、そうです

自身のキャリアを支えるツールとして普段のキャリア構築の時から乾坤一擲の大勝負に至るまでいかんなく能力を発揮してもらうために、怠ってはいけない

磨き、いたわり、褒めて、喜ばせる…

一番の自分の相棒として、扱ってあげたい…と、長びく風邪を疎ましく思いながらも、改めて感じました…

いつもながら、自戒を込めて…


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたお金は、日本語教師のフリーランス化、そして、日本語業界と一般業界とで人と人、人と企業、業界と業界を繋ぐことに使わせていただきます。

ツイッターもやってます!同じアカウント名です~!
15

チェーンナー (CHAINER/クサリみたいにつなぐひと)

チェーンのように無限に繋ぎます…人、企業、業界…そして、新しい化学反応を…

ありんこ撮影の写真を使ってくださったnote

ありんこが撮影した写真を、みんなのフォトギャラリーから引用してくださったクリエイターさんたちのnoteまとめ。 写真を使ってもらえて嬉しいです。 (随時追加してます。追加しそびれがあったらこっそり教えてください...)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。