日本語業界異種同種交流会(日本語業界から「今」を考える)

 昨年12月に実施させていただいた日本語業界の異種同種交流会…

また2回目を7月に実施させていただきます!


これは、ぼくがリアル世界でお世話になっている日本語学校関係者の方と、ぼくがお手伝いさせていただいている、日本語業界に参入したい企業の方を一同に集め、グロスで交流する、という企画です

現在、日本語業界と繋がりを持ちたいという企業さんは増えてきています

だいたい、以下のような理由からです

▶︎人材獲得
▶︎外国人への販路の拡大
▶︎日本語学校へのコンテンツ提供

前回お呼びした企業様は、

ウェブマガジン運営企業

e-learningを展開している企業

オンラインレッスンを展開している企業

留学生の留学、就職をサポートしている企業

シェアハウス企業

など…


これは、本業関係なく初めてぼくの名前で実施したイベントでした

とても緊張しましたが、たくさんの方に喜んでいただけたようでぼくもほっとしました

ボランティアの方も含め総勢34名の参加のイベントとなりました!

普段、日本語学校の先生方が学校を超えて交流ということはなかなかありません(以前よりも増えてはきましたが…)

ましてや、教務主任ではない進学担当になったばかりの方などはなおさらです

ぼくは日本語教師は日本語学校というひとつの組織に所属するのではなく、業界に所属するという意識でいたいと思っています…

なのでこういった同種の交流会は以前からやりたいと思ってきました

また、 参入したい企業さんも、私が一校一校日本語学校に同行するのは大変で効率が悪いです

なのでこういったイベントは企業にとっても大変効率の がよくインパクトがあることがわかっていました

今回7月に実施する、異種同種交流会は、日本語学校関係者と企業の方の人数をさらに増やして実施します

昨年実施した時は、12月でみなさん忙しく、なかなか参加できなかった方も多くいました

なので今回さらに規模が大きくなる、このイベント!

今からとても楽しみです!







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたお金は、日本語教師のフリーランス化、そして、日本語業界と一般業界とで人と人、人と企業、業界と業界を繋ぐことに使わせていただきます。

ありがとう~!スキをいただくともっと書きたくなりますよ~!
15

チェーンナー (CHAINER/クサリみたいにつなぐひ...

チェーンのように無限に繋ぎます…人、企業、業界…そして、新しい化学反応を…
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。