【絵本原作】262匹のウサギと1匹のカメ

マラソン大会で誘導ミス 完走児童は1人→ビリの子が優勝」という嘘のような本当なニュースに触発されて童話かいてみた。

--

ある所に、262匹のウサギと1匹のカメがいました。

足の速いウサギたちは、ノロマのカメをいつもバカにしていました。

「おいカメよ、どうしたらそんなに遅く走れるんだい?」

カメは言いました。「昨日より少し速くなったからいいんだよ」

ウサギたちは笑いました。「じぶんと競争するなんておかしいよ。本当に速くなったのか、俺たちと競争してみろよ」

カメは「うん、いいよ」と答えました。

262匹のウサギと1匹のカメは、3キロのマラソンレースに参加しました。

スタートと同時にウサギたちは一斉に走り出し、カメだけが取り残され、ノソノソと動いていました。

ウサギたちはカメをバカにしました。「まるで話にならないな」
「つまらないから、俺たちの中で誰が速いかを決めようぜ」

けれでもウサギたちなみんな速いので、なかなか差が開きません。だからお互いにカラダをぶつけたりして、なんとか相手を遅くしようとしたり、「もう少し手は小さく振った方がいいよ」と嘘のアドバイスをしたり、「どけどけ!」と大きな声で脅かしたりしていました。

それでも差はなかなか開きません。先頭のウサギはあせって、「俺が一番のうちに、速くゴールにつかなくちゃ」と思いました。そしてマラソンコースに近道があるのを思い出しました。

「先頭の俺がこっちに行けば、みんなついてくるだろう。近道も、みんなで行けばこわくない」そう思った先頭ウサギが近道に向かうと、やっぱりウサギたちはついてきました。

一方、カメはまだ500メートルしか進んでいませんでした。「ずいぶん走ったな」とカメは楽しそうな顔をして思いました。カメは走るのが好きだったのです。

やがて、ウサギたちが向かった近道にさしかかりました。ウサギの毛が近道の方に落ちていたので、カメはウサギたちが近道をしたことを知りました。

カメは不思議な顔をして思いました「ウサギは走るのが速くていつも自慢しているのに、走ることが嫌いなのかな?だってこの道を行けばすぐゴールに着いてしまう」

そう思ったカメは、近道をせずにマラソンコースを走り続けました。冬の寒い日でしたが、木漏れ日がカメに当たって、少し春の匂いがしました。「ああ気持ちいいなあ」とカメは思いました。

ずいぶん時間がたって、カメはようやくゴールに着きました。そこでは先についたウサギたちがうなだれていました。近道がバレて全員失格になってしまったのです。

「優勝、カメくん。あなたは1人だけ正しいコースを走りました」

表彰台の上でカメはニッコリとしました。
そして明日はもうちょっと、今日より速く走れるかなと思いました。

(おわり)

※参考:マラソン大会で誘導ミス 完走児童は1人→ビリの子が優勝

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくれてありがとう!

ありがとー
5

コメント1件

純粋に絵本として読ませていただきました。ありがとうございます。素敵です。もしウサギの不正がばれなくて表彰されなかったらカメは果たして満足していたのでしょうか。本当にカメが走ることが好きだったら人に褒められなくても楽しんでいたのでしょうか、、、と考えたりして楽しめました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。