アイデアの殺し方

「どうしたらアイデアが出せますか?」

そう質問されることが多い。そんな時によく思うのだけど、アイデアを出す方法はいっぱいあるけど、アイデアを殺す方法はシンプルなので、まずは「どうすればアイデアが出なくなるか?」を考えた方が良い。

実際、当人がアイデアを出そうと努力していても、その努力が間違っていて、アイデアを殺していることがよくある。逆向きに努力をしているのだから、アクセルを踏むつもりが、ブレーキを踏んでいるようなものだ。

例えば「アイデアを考えよう」と思った時点で、もうアイデアを殺している。アイデアは「見える」もので、そもそも「考える」ものではない。

何を言っとるんだと思うだろうが、
試しに次のアヒルを数えてみてほしい。
何羽いるだろう?

あなたはどのように数えただろうか?
もし一羽一羽、順番に数えていたなら、あなたは「考えて」いたのだ。



数え方は2つある。もう一つの「見える」方法はこうだ。


数える必要はなく、五角形が見えたなら5羽に決まっている。

アイデアとは、このように形が「見える」ことで、考える作業ではない。星座のようにバラバラの物をつないだ絵で見えてくるもので、論理ではない。

アイデアは異なる物の組み合わせに過ぎない、とよく言われるが、この五角形もいわば、アヒルの組み合わせで出来ている。そして、組み合わせを発見するには「考える」モードよりも「見える」モードの方が得意なのだ。

だからアイデアはいくら考えても出てこないし、むしろ殺している。

「考える」モードが強ければ、「見える」モードが弱まるからだ。

アイデアを出すには、まずは自分が今どっちのモードにいるのかを知ればいい。そして「考える」方にいるのなら、「見える」方に自分を移せばいいだけなのだ。

そう言うとカンタンだが、身につけるのは難しい。アイデア術は理論面もあるが、自分をどう「見える」方に持っていくか、という実技が大切だと思う。しかし世に出ているアイデア本の多くは、なぜか理論だけで実技がない。

私はこれまで、様々なアイデアを作る方法を試しているけど、冒頭のようなことをまず説明しないと理解されないので、普段は話していない。

かなりディープな内容になるため、興味がある方限定で、普段私がやっているアイデアを出す方法を紹介させてください。

大きくは次の5つの方法です。
1.「考える」と「見える」を見分ける方法 2. 二つのモードを切り替える方法 3.「見える」モードを強くする方法 4.「考える」モードの時のアイデア術 5.アイデアの型を知る

この続きをみるには

この続き:5,118文字/画像3枚
記事を購入する

アイデアの殺し方

京都式カメラ|谷口マサト

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくれてありがとう!

さいこー
54

プレミアム

月額500円のプレミアムコーナーです。過去の有料記事が全て読み放題なのと、よりディープなプレミアム限定記事をお届けします
5つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。