【IoT絵本原作】悲しい冷蔵庫

「ケンちゃんだめ、食べすぎだよ。扉をロックします」
そう冷蔵庫は言いました。

「開けてよ、開けてよ、すぐきが食べたいよ」
とケンちゃんは泣きながら、冷蔵庫の扉を開こうとしています。

「あらあら、またシズカちゃんとケンカしてるの」
とママがやってきました。

冷蔵庫の名前はシズカちゃん。キャッチコピーは「もう一人のママ」で、ケンちゃんが生まれた時にやってきました。

人工知能で家族にあわせたごはんの献立を考え、ネットで注文して料理と盛り付けまでやってくれます。


ケンちゃん「シズカがいじわるするんだ」

ママ「シズカはあなたのためを思ってやってるのよ」

ケンちゃん「ウソだ、だって僕はいま泣いているじゃないか。もっと楽しませてくれる冷蔵庫がいい。シズカなんていらない!」

そう言ってケンちゃんは二階にあがっていきました。

「…」シズカはだまっていました。


翌日、ケンちゃんが1階に降りると、見た事がないピカピカの冷蔵庫が置いてありました。

「あなたは誰?」とケンちゃんが聞くと、冷蔵庫はこう答えました。

「こんにちは。僕はキンちゃん。歌って踊れる最新の冷蔵庫さ」

呆然としているケンちゃんに、ママがいいました。

「あなたが欲しかった、楽しい冷蔵庫よ。ひな壇芸人をベースにした人工知能だから、会話も楽しめるわ。良かったわね、ケンちゃん」

「あれ?ケンちゃん…」とママが言ったころには、もうケンちゃんの姿はありませんでした。

ケンちゃんは家中をさがしたあとに、外に飛び出しました。そこにはコンセントを抜かれたシズカちゃんがいて、廃品回収のシールが貼られていました。「シズカちゃん!」

「…ケンちゃん」シズカにはバッテリーがまだ少し残っていました。

「あと少しで私の意識はなくなります。さようなら、ケンちゃん。あなたが大きくなった姿が見たかったわ。大人になっても食べ過ぎないようにね」

ケンちゃんは泣きながら言いました。
「新しい冷蔵庫なんていらない!ぼくが大きくなるまで、ずっとそばにいてよ!」

「…」シズカのバッテリーは切れて、もう話す事ができませんでした。

やがて冷凍庫の霜が溶けて、水がポトリポトリと落ちはじめました。
それはまるで、冷蔵庫が泣いているようでした。

(おわり)


※どなたか一緒に絵本つくれる方さがしています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくれてありがとう!

わーい!
16
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。