「彼氏が撮る写真にはかなわない」シロウトが写真をそれなりに撮る方法

カメラが好きでよく撮るけど、知識はシロウトだ。

きっかけは仕事でプロカメラマンの背中をずっと見ていたことだった。プロはやはりすごく、かなうわけがない。プロゴルファーとアマチュアでは全然違うように。

考えたのは、どうすればシロウトでもそれなりに撮れるか?ということ。カメラに注げるリソースは限られるのだから、つまり戦力では大きくプロに劣るわけだから、局地戦に持ち込むしかない。

何か一点に特化して撮ること。では何に?

そんな時、友人女性が見せてくれた写真に衝撃を受けた。彼氏が撮ってくれたその写真の彼女は自然体で、心を完全に開いていた。彼氏はカメラマンじゃないが、その写真はプロに匹敵していた。

「オームが心を開いておる!」

ナウシカのおばばのセリフが脳内をリフレインし、これだと思った。

写真を撮るときに一番邪魔になるのが、カメラを意識してしまうモデルの自意識だ。これがある限り、硬くて間合いが遠い写真になってしまう。

そこでプロカメラマンの技術の一つに、相手の心を開いて自然体で撮るというのがある。褒めるのもそうだし、小物をつかったり、動きのあるポーズをとってもらったりしている。要はカメラから気をそらすことで、モデルの無意識を撮ろうとしている。

無防備な写真は力をもっている。人には他人と一定の距離を置きたがるパーソナルスペースがあるが、硬い写真はそのスペースも写ってしまい、観る人が距離を感じてしまう。逆に無意識の写真は間合いが近く、ドキっとさせる力がある。

写真にも間合いがあり、その間合いは常に伸び縮みしている。

相手が無意識になるように、気をそらす方法を磨くことに特化して人物写真を撮る。相手が走ったり歩いている瞬間を撮ることや、雑談を話しながら撮ることとか、基本はなにか別のことをしてもらってるときに撮る。

この方法が良いのは、カメラの知識と関係ないので、アマチュアでも修行できる所。しょせん彼氏とプロカメランにはかなわないけど、なんとか気をそらせて心が開いた写真を撮ればそれなりに写る。素人カメラマンにおすすめです!

ちなみにカメラは素人らしく、DMC-GF7パンケーキレンズを使っている。特に人物を美しく撮れるのでおすすめ。

ちなみに風景など人物以外の写真については何も知りません。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくれてありがとう!

わーい!
77

ランキング

人気の記事です

コメント1件

はじめまして。
私も学生の頃にSNSをさまよっていたとき、似たようなことを思いました。友人のプロフィール写真がとても可愛かったんです。すごくすごく、盛れてるとかではなく、ナチュラルにめちゃくちゃ可愛くて。「あーこれは大好きな人に撮ってもらったんだな」って、すぐに思いました。こんな写真撮れるなんて、やっぱり好きな人は篠山紀信よりすごい、なんていう趣旨のツイートまでしました。笑
わたしも好きな人に写真撮ってもらいたいな……なんて、久しぶりにそんなことを思いました笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。