続・キャバクラで悟りを開くための般若心経(解説版)

キャバクラで悟りを開くための般若心経」について、より詳しく知りたいという方がいたので、4コマ漫画を使ってあらためてご紹介。

特に次のフレーズが関心を集めた。般若心経のコアな部分でもある。

あなたはキャバ嬢の心を知ることはないし、得ることもない。
そして得ることがないことを知るから、悟りにいきつくのです。

この「心を得ようとするが得ることができない」というモチーフは、禅などでもさまざまに表現されている。

弟子「どうか私の心を落ち着かせてください」
達磨「ではその心をここに持ってきなさい」
弟子「心自体は持っていきようがありません」
達磨「もうお前を落ち着かせてやったぞ」

達磨と同じくキャバクラでも、キャバ嬢の心を求めるが、見つけることはない。そもそも無いものは、得ようがないからだ。

ではなぜこのモチーフが繰り返し説かれるのか?
次の4コマ漫画で簡単に解説したい。

この続きをみるには

この続き:1,665文字/画像1枚
記事を購入する

続・キャバクラで悟りを開くための般若心経(解説版)

京都式カメラ|谷口マサト

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくれてありがとう!

ありがとー
9

プレミアム

月額500円のプレミアムコーナーです。過去の有料記事が全て読み放題なのと、よりディープなプレミアム限定記事をお届けします
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。