【新人さん必見】5分でわかるイベントオーガナイザーと公認ジャッジの巻

おはようございます。レイモンドです。嘘です。CHANGです。

昨今たまに聞く「イベントオーガナイザー」や「公認ジャッジ」という言葉。「どうやら資格を持ってなんかやってるらしい」「なんか出来ることが違うみたい」というのはなんとなくわかるかもしれませんが、実際にどういう仕組みで何がどうなっているのか、いまいちピンときませんよね。

一応ポケカ公式HPにも記載はあるのですが、その説明文はニュースの海の奥底に埋没してしまっているので、例えばここ半年以内に始められた方、には目にする機会はほぼありませんでした。

そこで今回は、そのポケモンカード公式資格

「イベントオーガナイザー」「公認ジャッジ」

について、5分でわかる説明をしたいと思います。あわわ、あと292秒…


■そもそもポケモンカード公式資格ってなに?

株式会社ポケモンにより2015年に発足した、ポケモンカードを盛り上げたい人たちをサポートするための制度から生まれた資格です。

これは他の様々な資格と同様に試験があり、通過・合格をすることで発行されます。ということは、それなりに勉強なども必要、ということですね。

ただし、この試験も常時行われているものではなく、だいたい年に一度くらいのペースで開催されています。

■イベントオーガナイザー・公認ジャッジとは

色々ありますが、簡単に説明します。

まず、イベントオーガナイザー。

「ポケカを世に広めたい!」「ポケカをする人たちに場所を与えたい!」などの活動を意欲的に行う人達をサポートする資格で、得ることによって自分のイベントを公式HPに掲載してもらうことができます。イベントに必要な備品をいくつか付与してもらうことも。

名前は「イベントオーガナイザー」ですが、必ずしもイベントを開く人のことを指しているわけではなく、まさに「ポケカの伝道師」となる方々が資格の対象となるわけですね。

次に、公認ジャッジ。

バッジには「ルールエキスパート」と書いてありますが、その名の通りルールやロジックに精通している人に付与される資格です。(昔はルールエキスパートという資格がありましたが、今回は割愛します)

ポケモンカードには基本的なルール以外にも緻密なルールが設計されており、様々なカードを扱っていく中で処理が難しいケースが出てくることもままありますよね。

そんなときに根本のロジックを理解し、解決してくれるのが公認ジャッジ資格を持つ人達です。

そんな彼らは、そのそれなりに難しい試験をパスしている人たちで、公式大会を始め、様々なバトルの場でジャッジ活動を行うことができます。

ただし、ジャッジ資格のみ持つことはできません。

イベントオーガナイザーを持ち、かつ試験をパスすることで公認ジャッジの資格を持つことが可能になります。

■資格を持つと何ができるの?

なんかもう簡単に表にしました。

一番左が一般ユーザーのひと、二番目はイベントオーガナイザーのみのひと、三番目はイベントオーガナイザー&公認ジャッジのひとです。

こうしてみるとわかるように、イベントを開くこと自体に資格の有無は関係ありません。当たり前ですよね。ただ、同じ開くにしてもある程度の恩恵を受けることができる、というものです。

また、場合によってはさまざまな形で公式側と共にポケモンカードを盛り上げていく取り組みに関わる可能性があります。

つまり、資格を持った方はその時点で、ポケモンカードを広める為の活動を行う者として、ある種公式と同じような意識を持ち、手本となるような節度を持った行動をすることが求められます。

資格なんてもらったらそこまでよ、と思う方もいるかもしれませんが、少なくともイベントオーガナイザーの面談では皆さんの熱い想いを伝えていたはずです。面談員はそれを汲み取った上で、「この方に資格を持って活動して欲しい」と思って資格を与えているわけですから、公式側の、もしくは自分自身のその想いを大切にしていきましょう。

※グレーやブラックな行動は控えましょうねってことやで

■なんと研修もある

公認ジャッジについては、不定期に公式より研修が行われます。

研修には既に資格を持っているジャッジたちが多く関わり、進行していく形になるのですが、これがまた参加してみると非常に楽しいものです。

内容はもちろんめちゃくちゃ真面目なのですが、大人たちが真面目な顔してポケモンカードの研修を受けてるというのが、なんとも面白くないですか。いいんですよ真面目で。仕事じゃないから、真面目になれるんです。

そんな公認ジャッジ研修が2019年3月30日(土)に実施されます。申込みは明日3月20日(水)まで。興味がある方はお早めに。

▼これの一番下にあるオーガナイザー専用ページに書いてあるよ。あと京都のジャッジも募集してるよ。


■資格は武器だ。

さて、つらつらと両資格について書いてきまして、どういうものかはなんとなくご理解いただけたと思います。

ただ先述の通り、資格はなくともイベントは開けるし、個人の大会であればジャッジだってやって問題ありません

要はあなた自身の「ポケカの中での生き方」において、「イベンターとしてがんばりたい!」「ジャッジとして大会を良くしたい!」という思いを、後押しするものなのです。プレイヤーとは別の生き方を、公的に認めてもらえるということです。

ただ、使えるものは使いましょう。ただし適正に。ということです。


ちなみに僕は、20年前からポケカのイベントを開くことが大好きな、生粋のイベンターです。資格制度が無い中学生の頃から様々なイベントを開いてきましたが、この制度が作られたことで、今までの筋力に加え、まさに武器として身につけて、新しい企画・取り組みをさせていただいておりました。

例えば史上初、スポンサー様をつけての日本各地で予選、本戦を東京でやる3on3自主大会、

地域自治体とのコラボカジュアルイベント、

株式会社ポケモン様協賛でイベントオーガナイザー向けのセミナーイベントを開いたり

まあ色々やったりしてました。

これは資格そのものの力というよりは、資格を元にさまざまな提案をさせていただき、その実績と信頼を重ねていった結果のひとつ、というものでもあります。

そしてこれからも、日本のポケカがより良くなるような企画や提案を、大小様々な規模でしていきたいなあと思っています。企業様と組ませていただくことも増えてきました。


でも言いたいことは、何も資格を持ってでかいことをやれ、というわけではありません。

使える武器は(コンプラに則った上で)存分に振るい、自分はもちろん、今いるプレイヤーの方や、これからプレイヤーになる方、またその方々の周りの方々や、そもそもポケカを作ってくれる方々含め、みんなで幸せになる動きをやっていきましょう、ということです。

裏方、めっっっちゃ楽しいですよ。



というところでだいたい5分ですかね。なんとなく、資格のことがわかっていただけたでしょうか。少しでも興味を持たれたのであれば、ぜひ今年の試験にチャレンジしてみてください。新しい世界が見えるかもしれませんよ。

2019年は事前に受験料を支払った上で、
オンライン試験を受験、その上で
二次試験に進むという流れのようです。

受験料支払い期間:5月20日(月)~6月10日(月)
一次試験受験期間:6月30日0時00分 ~ 2019年7月6日23時59分

のようなので、腕試しがてらぜひトライしてみてください!


▼2019年「公認ジャッジ」・「イベントオーガナイザー」資格試験について
ttps://www.pokemon-card.com/info/2019/20190517_001869.html


それでは皆さん、ルールを守って、今日も楽しく対戦しましょう。


※本記事の画像は、ポケモンカード公式HPより引用させていただいております。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです! 読んでみたい話題があれば、コメントで教えてください!
31

CHANG

memo

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。