小さなことだけれども。

見知らぬ人に救われた日。
それは、きっと日常のほんの些細なできごとだ。
でもそれが救いになる日だってある。

……………

仕事の帰り、コンタクト用品を買うためにドラッグストアへ寄った。いつも忘れてしまうから今日は忘れないぞ、と無駄に意気込む。

用品を抱え、空いているレジを選んで並ぶ。50代ほどの男性薬剤師が、レジの対応をしてくれた。

その会計で、いつも通りクレジットカードを差し出す。受け取った男性薬剤師が、二度ほどカードをレジに通しても決済が完了しない。

首をやや傾げながら、クレジットカードを再度レジに通す男性薬剤師。少しずつ不安になってくる私。

「あ…!」

男性薬剤師が気づいた。
どうやら、磁気がないところを何度もレジに通していたらしい。だから決済が完了するどころか、何も反応しなかったのだ。

それがわかったときの彼の表情が、面白くて。
すごく申し訳なさそうで、ちょっと恥ずかしそうな、ちょっと照れているような。そんな苦笑いを浮かべていた。

カード決済の不安から解放されたのもあり、彼のその表情に、思わずくすくすと笑ってしまった。

「いや〜、すみませんでした…」

「いえいえ、大丈夫です!」

……………

今日の私はきっと、難しい顔をしていただろう。
だからふと笑えたことと、この会話だけで、何だか気持ちが楽になった。
もう前を向いて進んでいる。大丈夫。

見知らぬ人に救われた日。
それは、日常のほんの些細なできごとだ。3日も経てば、きっともう忘れてしまうほどの。
でもそれが救いになる日だってある。

だからその"些細なできごと"で、私も誰かを一ミリでも救えるようになりたいな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。 あなたにとって、幸せな、素敵なことがありますように!

「スキ」をありがとうございます!とっても嬉しいです!
12

ちこ

noteゆっくり部

ゆっくり、ゆったり、のんびり。そんな投稿をお待ちしている企画です。noteゆっくり部部長、花介がゆっくり格納に伺っております。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。