VTSとミルキクさんにあった話

だいぶ過ぎてしまったけど、4月の半ば頃に一時帰国した際、調布の某所でミルキクさんにお会いしたよ。

ミルキクさんにとっては、とても大事な日だったのにも関わらず、時間をとっていただき感謝しきり。

体こそは大きいけど、表情がとても柔らかく、非常に穏やかな雰囲気を全身から醸し出す好青年だった。しかもお医者さん。
すごい頼れる感じのする温かい人という印象が今でも強い。

2時間くらい?話をさせていただいたけど、とても有意義な時間を過ごせた。

そのなかでもVTSについての話がとても参考になった。

課題型VTS?

上記に挙げた氏のNoteでも書かれているように、いま我々がVTSと呼んでいる手法は、いわゆる本家のVTSとは違っている。一般的に言われているVTSは「対話型美術鑑賞法」と訳されるように、対話が主の鑑賞方法だ。

なので、いまNote上で行われているVTSは、それとは一線を画すものになる。

ただ(ミルキクさん命名の)「課題型VTS」でも思考の使い方と踏んでいるステップは同じなので、こちらも紛う事なきVTSだ。

実際、何度か他のnoteでも書いたように、アメリカの人たちとアジアの人たちでは、ディスカッションに対しての慣れが違いすぎるので、「対話型」をそのまま持ち込んでも根付かないだろうと思っている。

しかし一方で、自分が生徒によく言うのは「発言しなければ考えていないのと同じ」。
発言がなければ、どんな思考があったとしても認知はされない。認知のない意見は育たないと考えているためだ。
認知は思考の栄養と言ってもいいと思う。

そこで、それを両立するために、ノートなどに意見をまとめるというのは、一つの方法だと考えている。要はそれを持ち寄り、お互いに認知しあうことで、さらに自分の意見を豊かにしていければいいのだ。

ただ、欲を言えば、他の人の意見を見た後で、さらに自分が何を発見したのかをシェアするところまでを一つの流れでできれば、もっといいのかなと思った。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Thank you so much.
2

Tomizawa Kan

カンボジアで美術教育やら考える教育やらなことをしてます。 他方、仕事はフロントエンドエンジニアとして、MTやWPのカスタマイズやプラグイン作成などが中心。

コメント3件

わぁ、ありがとうございます( ´∀`)
こちらこそ非常に新鮮な、普段出会わない視点に出会えて楽しい一日でした✨

>「発言しなければ考えていないのと同じ」
お昼のカンファレンス等でも意識していることですが、どんなに稚拙でもよいから自分で原因疾患とPlanを練ってもらうようにしています。奥ゆかしい子も多く、まずはそこから促して〜という感じです。

ネット課題型(?)は長所は自分のペースで出来、じっくり思考を深められる反面、期限や緊張感が少ないのでついサボっちゃうことでしょうか。

全くの自分は素人ですが、なんか時間設定のあるHPみたいなものをつくって、
① 10秒だけ課題が表示される→最初の印象を記載
② 次に絵が一定時間(10分とか?)のみ表示出来て、その間に分析的に鑑賞して気づいたことを記載
③ 投稿したら、すでに投稿した人どうしのみ、各自の投稿をみれたり、掲示板等で交流できる、なんかが仕込めるとちょっとおもしろいのかな?とか思いました。
おお!いろいろなアイデアありがとうございます。
ニコ動みたいな弾幕機能とかも使い方によっては面白いかもしれませんね!
ニコ動でVTS! 熱いですね!
1分間隔くらいで全体像→局所(何分割化して)→全体みたいな感じでやったら面白そうです!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。