エソテリック・ヒーリング年間講座②

第2回のテーマはエーテル体についてでした。

私が普段行っているエネルギーワークやフラワーエッセンスなどによるヒーリングは、肉体には着目せず、エーテル体を良くしていくことの結果として肉体が良くなる、いう考え方をベースにしていると思います。そういった意味では、まさにヒーリングの舞台となるのがエーテル体であるということになります。

講座ではまず、私たちがエーテル体について知っている事を挙げていくところからスタートしました。

・「肉体の数センチ外側にある」

・「体の次の層」

・「体の中にもある」

・「死ぬと脱ぎ捨てる」

等、色んな意見が出され、またAlex Gray著『Sacred Mirrors』の有名な絵である”サイキックエネルギーのシステム”を見ながら、この絵の中でどれがエーテル体だろう・・・といったディスカッションがありました。そしてエーテル体がぐっと身近に感じられるようになったところで、

”エーテル体=チャクラ+ナディ”

というロジック的な部分へと入りました。

チャクラはエネルギーセンターで、ナディはエネルギーを分配するための管のようなもの、そして肉体の中にもエーテル体は浸透していて、チャクラの体内での痕跡は内分泌系、ナディの痕跡は神経系として理解されます。だとすると、神経系について調べることは、エーテル体を調べることと等しいことになるので、例えば人間の神経システムと脳構造の起源についてのポリヴェーガル理論も、エーテル体に関するものとして読めそうです。

アリスベイリーの『秘教治療』でも、エーテル体について、そして肉体についても定義がされています。やや難解ともいえるその部分を繰り返し音読し、解説していただく頃には、最初に黙読したときとは全く別の次元の理解や感動すらをもって、その定義を読めるようになっていることは本当に驚きでした。

しかし驚きはそこにとどまらず・・・

私が知っていたエーテル体、つまりヒーリングで手をかざしてビリビリ感じたりするそれは、エーテル体のひとつの様相に過ぎなかったということがとても衝撃でした。どういうことかというと、エーテル体は、魂の活動において、我たちの肉体に2通りの作用の仕方を有しているそうなのです。

ひとつは肉体レベルでプラーナを分配する様相で、「プラーナの流れの円滑な作用を通して肉体を健康に保つ」「物質そのもののフォースつまりエネルギー」(上巻389p)。通常のヒーリングで行われているエーテル体のエネルギー調整はこっちということになります。

それに対してもう一つ、モナドー魂の流れからくる様相があり、「私たちが生命と呼ぶ活性化する活動を通して魂が肉体メカニズムを動機づけ、転生へと強いることを可能にする」(上巻389p)、「知性という魂の特質および愛と知恵を伝え、そして接触し感じ合理化する能力をもつ意識として私たちが理解しているものを構成するエネルギー」(上巻390p
)で、ひとつひとつの細胞や肉体を大宇宙と関係づける作用があるというのです。

さらに、前者のエネルギーは、肉体に入ると心臓を拠点として周辺への伝達に血流を使い、後者のエネルギーは肉体入ると脳におりてきて、松果腺に集中、固定、そこで力を増大させながら肉体を統御して目的のある活動へ奮い立たせるとあります。

またこのエーテル体の2つの様相のどちらかによって、エーテル体が肉体へエネルギーを媒介する(肉体にエネルギーを流し込む)際に使えるチャクラが異なるし(前者は21、後者は7+49)、またその人の進化段階によって、エネルギーが一時的に集中するチャクラが異なるようなのです。チャクラは次回の講座のテーマでもありますが、私たちのチャクラはまだまだ未開発でもあるようです。

このあたり、近代神智学の特徴の一つでもある界層的宇宙論とも密接に関連しているので、体系立てて勉強しないと理解が難しいです。
(「プラーナ」、「フォース」、「エネルギー」といった用語の使い分けについても然りで、何を大宇宙としたときに何が小宇宙かという関係性、構造主義的な理解が必要になります。逆にそういった相似構造がわかると理解が進むところでもあり、このあたりの分析的な読みかたは、神尾先生が長きにわたり研究されてきたところだと思います。)

以上の理解を前提に、講座の後半の最後のほうの時間を使って、エーテル体に起因する病気についても学びました。今の人類の病気の原因は主にアストラル体にあり、『秘教治療』においてもアストラル体に起因する病気について、エーテル体についてのそれより先に書かれています。

エーテル体に起因する病気3種類は、いずれもエーテル体とアストラル体、エーテル体と肉体、エーテル体と魂との間の関係性がどうなっているかとの関係で生じるものということのみここではお伝えして(詳細は講座で)、今回のnotoとしたいと思います。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

chieko

海を愛し、犬との暮らしを愛するハーバルセラピスト、メディカルレイキセラピスト。法務博士。 ホリスティックな生き方を追求、勉強していく過程で得た学びや気づきをシェアしていきます。

エソテリック・ヒーリング年間講座

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。