見出し画像

Self Playback 9 ❤︎KissWithMySong時代のうたいっぷりを動画や画像で晒してみる Vol.2



過去のあれこれを 独り勝手に振り返る自己満ワタクシゴト企画の このSelf Playback。
なんやかんやで 9回目になりました。


今回は何を振り返るのか?
うん タイトルのまんまですwww

この3月27日という日はね
昔活動していたバンド キスウィズに関する とても強い想いのこもってる日なのです、あたしにとって。
だから この記事をこの大切な日に またあげさせてくださいませ。


また。。。と言うのは
実はこの理由については 昨年もお話をしてるし
このPBもやってるんだよね。
だから 今回はそのVol.2。

もし ちょっとでも気になってくれたら
良かったら覗いてみてください。

てことで

なんで今日これを出したいのかって言うのは、こちらで↓
#続きはWebで



これに関する第一弾。昨年の今日あげたもの。


そんなわけで。
今回は昨年の続き、2003年のLIVE動画と画像、以前にもあげたラジオ出演時の音声などを晒してみます。


ここで紹介している動画は当時サポートミュージシャンとしてお世話になっていた方のアカウントで公開されているものなども含むので
どうぞ このページのみでご覧くださいませ。


2003.10.26 LIVE@池袋ROSA
キスウィズとしては 生バンド編成でのハコライブのラストになったステージ。
以前にもリンクのみを貼った事はありますが
今回は初めて動画を直にご紹介。

◆ Set List ◆

Sing a Song ~らったったらったー~
にゃんこの夏休み
Life
風のブーケ
じゃあね


このステージの模様を撮影してくださったファンの方にいただいた画像も 一緒に少し。。。


こちらは昨年あげたラジオ出演時の音源。
せっかく振り返るので再度ご紹介をば。

2003年11月 葛飾FM 「Soul 8 to 10」内「ディグアウト インディーズ」出演


てことで、今日はこの辺で。

今回のご紹介をもって
キスウィズ時代の音源や動画は全てご紹介させて頂いたことになります。
拙い作品たちやパフォーマンスたちにお付き合い下さって 本当にありがとうございます。


作品自体やライブの様子などはもうありませんが
当時の画像や制作の記録やブログの写しなどは もう少し残っているので
その内にまた ふらりと紹介させていただこうかな。。。なんて思います。

って
こんな自己満バリバリなPBに
興味を持っていただければ、の話だけどねww


ではでは。
下手くそなご紹介を 最後までご覧下さり
ありがとうございました!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ちょっとでも イイやん!と感じていただけたら…ぜひ。 全力で喜びます!

⊂(=^ω^=)⊃うきゃきゃ! てんきゅー!
28

ちびまゆ

わたしはうた うたはわたし ♥ うたうたい & 土曜絵画お手伝い人♥ my siteもよしなに❤ https://chibimayusong.amebaownd.com/ 🌼

Kiss With My Song 作品集

2000年〜2004年に活動していた オリジナルバンド時代の作品。
1つ のマガジンに含まれています

コメント8件

海丸ミチさん> ご覧下さってありがとうございます!
本当に青春そのもの、いつまでも胸の中で輝いてる大切な存在です!
マキオさん> ありがとうございます!
もう16年ほど前の事なのに 見返すとまるでつい今さっき歌ったかのような 熱い想いが甦ります。
もう二度とこのメンバーでは演奏する事は出来なくなってしまったけど このバンドで生み出した曲達は 大切にいつまでも聞いて口ずさんであげたいなと そう思います。
翠さん> ありがとうございます!
昨年のこの日の記事も読んでくださってコメント頂いたのを思い出します。
このライブは 自分の中でも凄く自然体で楽しめて充実したステージだったお気に入りなので
全ての楽曲を紹介し終えた今年、やっとキスウィズパフォーマンスの集大成としてこうして見て頂くことが出来て 何気に感無量です。
もうこのステージを再現する事は叶わないけど
今までも 今もこれからも 歌を歌う時 いつもあたしの心には この頃の胸の高鳴りが居てくれて 一緒に歌ってくれている。。そう思ってます!
新さん> ありがとうございます!
ホントにホントに この時代にあった全てが財産で宝物です、なにものにも替え難い。
この日々があったからこそ 今のあたしがいます。間違いなく。
このバンドで活動して初めて 歌うことを自分の1番の自信の持てることとして 認めてあげられたので ホントにかけがえのない人生の宝物です。
だから この大切な日にはこれからもずっと ありがとうって気持ちを改めて確かめたいって思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。