【選挙ウォッチャー】 市川市長選2017・分析レポート。

現職が引退し、「もしかしたら勝てるかもしれない」と可能性を感じる選挙には、たくさんの人が立候補する傾向にあり、今年の市川市長選には5人の候補者が乱立。待機児童問題や交通渋滞の問題にどのように取り組んでいくのか。明確な争点こそありませんが、候補者の主張を見ていくだけでも面白いですし、選挙戦略を見ていくことも面白いので、これぞ選挙の醍醐味である「戦国絵巻」を読むような感覚で、2017年11月26日に行われた市川市長選を楽しんでいただければと思います。

■ 高橋 亮平 41 元市川市議
■ 坂下 茂樹 42 元千葉県議
■ 村越 祐民 43 元衆議院議員
■ 小泉 文人 44 元市川市議
■ 田中 甲  60 元衆議院議員

坂下茂樹さんは自民党が推薦、村越祐民さんは民進・共産・自由・社民・市民ネットワーク千葉県の推薦です。特徴的なのは、40代前半の候補者が4人も立候補し、5人も乱立したのに平均年齢が若いということです。正直、誰も知らないと思うので、誰に投票したらいいのかが分からない選挙だと思いますが、混戦の市川市長選をウォッチングしてまいりました。

この続きをみるには

この続き:8,280文字/画像9枚

【選挙ウォッチャー】 市川市長選2017・分析レポート。

チダイズム

180円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

鬼のようにレポートを量産していく計画なのですが、サポートしていただいたら、スタバのヒーコーをシバきながら原稿を書けるようになります。モチベーション高まります。いつもありがとうございます。

NHKから国民を守る党に投票してはいけません。
4

チダイズム

市川市長選挙2017-18

2017年市川市長選挙(2017年11月19日告示、同26日投開票)および2018年再選挙(2018年4月8日告示、同15日投開票)についての各種考察。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。