季節とともに人は巡る


春は誰も新しくなる。
であったり、別れたり、引っ越したり
新しいことをはじめたりする。

季節とともに 冬の間地面の中で寒さに耐えた種が
ぽっと芽を出した。

それは自分でも氣付かなかった種なのかもしれないけど
いつしか自らが蒔いた種。

自分の中の新しい芽吹き、新しい誕生があれば
動き出さずにはいられない。

出会わずには いられないのだろう。
別れずには いられないのだろう。

ひとたび芽吹いたなら その芽は
花が咲き、実をつけるまで、その命をまっとうしようとするから

それを見たぼくやあなたは 自ずと育つそれをみて
いろいろな想いを体験する
いろいろなドラマを体験する
いろいろな自分をそこにみる。

どうしようか
無視してしまおうか
枯らせてしまおうか
ちょんぎってしまおうか

美しいかな?
可愛いかな?
醜いかな?
愛おしいかな?
憎いかな?

それともその全部かな?

この芽吹きの行き先を見届けるのは誰だろう


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ヒーラー、身体論者。日本の伝統「丹田」を「蹲踞ワーク」で復活させる。「肚文化」が平和を作ります。丹田を元にした《Taneda Healing》考案者。自らがADHDと知らずに克服後それを知る。LINEで無料ヒーリング開催。実験的オルタナティヴ精神の新世代ヒーラーを自負しています。

チヒト

元氣になるコトバ.

何でも出来る。元氣があれば。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。