chiro

🗼#東京と生きる🗼トライバルメディアハウスという会社で働いています。Twitterです ⇒ https://twitter.com/hara_choo
固定されたノート

ぼくは「マーケティング」が嫌いだった

自分は愛のあるところを目ざして行くだらう
悩まされ駆り立てられても
やはりその永久を指して進むだらう
愛と土とを踏むことは喜しい
愛あるところに
昨日のごとく正しく私は歩むだらう。

『愛の詩集』(室生犀星)より。

池田さんがビジネスやマーケティングの偉人の箴言を、修平さんが歌詞を、遼さんが広告のコピーを引用するなら、ぼくは詩を引用しようと思う。

詩の濫用。そんな風に批判をする人間よりも、詩の

もっとみる

豊かな人生について、水餃子食べながら話したこと。

先週の金曜日、同僚のOすみさんと、六本木の餃包というお店でサシ飲みした。

(カバー画像はお店の最高齢店員である「村長」さん。『ブルー・ハワイ』、最高でした)

忘れるのがとても勿体ない話を聞いたので、書き留めておこう。

ちなみに、僕の働いているトライバルメディアハウスという会社には、サシ飲み制度というのがあります。

下記の図の、上段中央の「コミュニケーション」の上段中央に説明があります。

もっとみる

やっぱり、「自律」だった。

これらの本を読みました。

語り口的に比較的スッと入ってきたコチラの本を読んだ感想を。

「人的資源管理」とは

人的資源、「ヒト」「モノ」「カネ」で言うところの「ヒト」。

「人的資源管理」というと堅苦しくてわっかりづらいのですが、結局は企業が継続的事業体でありつづけるための資源である「人材」もとい「人財」をいかに管理し、評価し、増やすか、という話です。

人的資源管理の代表的な機能を見ても、管

もっとみる

一寸先が光。

昨日、文章を書いていて気づいたことを。

自分だけかもしれませんが、学校の宿題でも、仕事でも、「これでいいや」って思っているあいだは全く力が湧かなくて、「自分が心からやるべきだと思うこと、やりたいことってなんだろう」って考え直して、「これじゃだめだ」って一度ボツにして、もう一度考え直してはじめて、「これだ!!!!!!」が訪れるような気がします。

「これでいいや」と思っているあいだは闇の中にいるよ

もっとみる

背中。

※完全に日記です。

昨日は、勤務先であるトライバルメディアハウスの先輩とサシ飲み制度を使って、二人でご飯を食べました。ぼくはお酒があまり飲めません。

久しぶりのサシ飲みで、少しは先輩に追いつけているかなと、ある意味、自分の成長を確かめるようなつもりで場を設けさせてもらいました。

近況やこれからについて報告し合いましたが、以前よりその背中を大きく感じ、自分はまだまだだなと実感しました。

東京

もっとみる

書きたいものができたので、毎日(まあまあしっかりした)note書くのをやめます。

4月3日からふと思い立ち、115日間くらい、毎日まあまあな量のnoteを書き続けてきました。

昨日、たぶん全然前世からの親友である友近くんと、新宿三丁目か二丁目にあるタイ料理屋さんで話していて、「もしフィクションをつくるならどんな題材?」と聞かれ、今まで考えてみもしなかったのですが、答えていくうちに一つの作品のプロットが生まれました。

それを書き表したいという欲求にくわえ、本業にフィードバック

もっとみる