見出し画像

11月の『出版』にあたり100冊以上調べて「タイトル」を考えてみた話。

どうも。twitterやnoteのおかげで、11月に光文社から出版を進めているチカイケです。

そこでめっちゃ大事なタイトルや装丁のフェーズを前にリサーチしたものとなります。 中身が一番大事ですが、自分にとって今回の「出版ゴール」ではなく『パブリッシュ(出版)=パブリック(公益/社会)に出す』を意識しています。

まずは「どのレベル感」「読んでほしい人」「どのように伝えるか」で整理したものです。

これは、普段のブランディングでさ一緒から「わかりやすい=キャッチ」でいくと、浅くなってしまうので、抽象的な具体的に落としていくイメージしたものです。

コーポレートアイデンティティの思想
→ブランドの世界観
→サービス説明
→キャッチ

まずは本のタイトルや装丁は初めてなので、まず「たくさん観る」事から初めます。

個人的には「考える」のが好きなので、いろんな『思考』を知るのが好きです。

普段よくつくっている「フレームワーク=思考の枠組み」と言っているくらいなので、人の思考を再現性ある形にするのが好き。

タイトル『言い切り系』は、多いですね。
twitterでも「言い切り系」は、良くも悪くも「わかりやすく」「賛否」を起こしやすいです。 自分で考えたくない人にも、わかりやすく、極端だから反射的「そうじゃないでしょう」のリアクションも生まれやすい。

普段会社やtwitterでも、自分がイメージしている人の割合です。
1%の人に目指しつつも、本も10%の課題意識がある人がメインターゲットだと思っています。
100万部を目指すなら、80%の人にも大きいです。

1%:黙ってでもやる人
10%:課題意識がある人
80%:現状維持の人
9%:行動しないけど反対する人

これは、ビジネスのプレゼンでもそうですが『タイトルに数字』は、明確にイメージをしやすいので訴求力は強いですね。

ビジネス書なら、洋書の翻訳系がコンセプトやタイトルや表紙もわかりやすいです。個人的に好きです。

コンセプト=メッセージがシンプルでわかりやすいです。

『言い切り+数字系』は、法則から見ても強いです。

マネジメント系は、経営者やマネジメント層に需要がありますが、母数が狭まる。

技術=HOW TO系は、わかりやすいです。

ユーザーの課題に対して、どんな技術をわかるかです。

『世界のエリート』系も、課題が意識があり、意識が高い人に訴求できます。

『できる人』系も、課題意識がある自己成長=本に投資をする層にもマッチするタイトルです。

他にはタイトルは調べましたが、リサーチから、普段ブランディングで使っってるフォーマットに当てはめます。

同じ「原体験」のコンセプトでも「深さ(抽象度)」×「時間軸(耐久年数)」でも、伝える言葉が変わってきます。

マーケット2.0なら「原体験+差別化」でブランディングで良いですが、今は3.0や、これから4.0になるので、先張りした方が時代にマッチしていきます。

本のタイトルや装丁をリサーチして「ターゲットベース」だと絞るのが難しいです。

普段のブランディングから大事にしている事です。
『1人だけ読んでもらうとしたらダレに読んでもらいたいか』です。

今回、再三関係者に伝えているのは『中学2年性』にも読めるようにしてほしいです。

理由は、自分の『原体験』そのもので、自分が「何者か?」に悩みだした時期で、苦しかった時期だからです。

その時は、ブルーハーツなど音楽に救われましたが、わかったのは『自分の答えは自分の中しかない』です。

どんなにロールモデルや、他の人のケースを探しても、似た事例はあっても『自分の答え』はないからです。

いつでも自分の問題の答えは『自分の原体験』にあることです。

伝えたいことは、「たくさん」の人に買ってほしいがありますが、つねに大事にしたいのは『一人』です。

自分は本気で、『原体験』から日本社会の同調圧力でつぶれる人を減らして、自分の内的動機で生きる人を一人一人増やしていくイメージができています。

実際に『原体験』を体験した人は、その時から明らかに変わっています。

インサイト(無意識)からコンセプト(価値観の逆転)の言語化です。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
34

チカイケ 秀夫

PERSONAL VENTURE CAPITAL.LLC 代表一人一人が自分のアイデンティティを持てる社会の実現します。複数社の社外CBO(最高ブランディング責任者)をやっています。「STARTUP」×「BRANDING」で、ブランディング支援

Virtual Life

バーチャルとリアルの行方
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。