見出し画像

『原体験』が必要ない人と、必要な人について

twitterで、とある起業家の方と「原体験」が必要、必要ないから原体験について、いろんな意見が出ているので、ひさしぶりにnoteにまとめます

結論から言うと、95%の人には必要ないです。

人は1日9000回の判断すると言われています。 1つ1つ意識して判断していたら、ストレスで頭がパンクするので、無意識=自動的に判断して、5%を意識して判断できる事に使っています。

なので95%の人には、原体験を考える事自体がストレスになります。

多くの人にとって原体験は、必要ないし、考えなくてもいいんです。

起業家する人、50人に一人と言われています。 100人いれば2人なので日本の人口の2%の人たちです。

98%の人は、公務員以外は、経営者の下で働いています。
経営者の意識の下で、無意識に言われた仕事をしているのが今の状態です。

起業家に『原体験』が話題になるかと言うと、「なぜ」を問われる事が多く

また自分自身でもリスクを背負ってやっている中で「自分がなぜ」やっているかを問う機会が多いからです。

だから『原体験=原点』があることで「自分が会社や事業をやる意味や意義」を思い出せる原点であり、自分でしかできない=オリジン=オリジナル=独自の価値=独自の存在価値=社会の中でのパブリックリレーションズや、アイデンティティになるからです。

なので、起業のキッカケはなんでもいいです。 VCが原体験を聞く聞くのは『継続していけば成功確率が高くなる』からです。 

逆に「なんとなく起業」した人は、なんとなく辞めてしまう可能性が高いから確認しています。*原体験にあることで、似たような原体験を持つ、ユーザーへの共感度や、パートナーを現れる可能性を高い

伝えたい事は
みんなが『原体験』を持つ必要はないし、原体験がない(意識できていない)事にコンプックスを持つ必要はありません。

自分の原体験も「自分が何者かの原体験を知らない(概念が知らなかった)」強い体験で、今があるからです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
70

チカイケ 秀夫

PERSONAL VENTURE CAPITAL.LLC 代表一人一人が自分のアイデンティティを持てる社会の実現します。複数社の社外CBO(最高ブランディング責任者)をやっています。「STARTUP」×「BRANDING」で、ブランディング支援

【公式】原体験ドリブン(原動力)プロジェクト

原体験ドリブン(原動力)な記事を集める。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。