「アーティスト→個人」の時代。*10年前に書いたmixi日記より

以下は、10年前にアーティスト支援をしていた時の日記の転載です。

当時はアーティストでしたが、今は『個人』に当てはめても同じなので、もし興味があれば見てフィードバックをいただけばと思います。

--------------------------------

朝から、こんにちわ。

音楽をデザイン化計画 (人に伝わる音楽をデザインする)
の日記の後、複数のアーティストから 連絡いただきました! ありがとうございます!

成功するまで自分にできる事の力になりたいと思います!

実際の自分が考えている戦略の1つを
プレゼンさせていただきます。

**【1、カン違い】 **

よくあるのが「レーベル契約=売れる」

レーベル契約=自分のやりたい事もできずに
結果を出せなかった人は何人も見てきています。

**【2、力関係】 **

アーティストにとって、レーベル(企業)は大きい存在ですが レーベル(企業)にとっては、ユーザーが大きい存在です。

レーベル(企業)を意識するあまりに ユーザーが見えていないアーティストが多いです。

**【3、三角関係】 **

力関係は、1方通行ではなく
三角関係で見てほしいのです。

この場合エンドユーザー(最終的に買う人)と言うのですが エンドユーザーは、自分達のすぐ近くにいるのです。
(友達・知り合い・家族など)

例えば、ソニーと契約できれば、売れる可能性を高いと思いますが 大手と契約できるのは「スーパーうまい人」「ビジュアルが良い」など超狭きアナルのようなものです。

届くかわかならい空(企業)のために歌んじゃなく 声が届く隣の友達のために歌うべきだと思います。

**【では、どうするか?】 **
例えば、自分のファンを1万人作れば 確実にメジャーレーベルと対等に話しができます。

個人で1万枚売れる力があるなら メジャーレーベルの資金・力で100万枚売れる可能性が高いからです。

「メジャーレーベルと契約」なら、難しいですが 「ファンを1万人作る」なら目に見える目標になり努力・やり方でできます。

1人の「ファン」を作れば 、それが目標に近づいているのです。

1人作れれば、同じように,もう一人も作れます。

それを繰り返していけば、1万人も 不可能な話しじゃないと思います。

1億人の心を動かしたかったら まず、近くにいる1人の心を動かす事からはじめませんか?

それが一番で確実な近道だと思っています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
22

チカイケ 秀夫

PERSONAL VENTURE CAPITAL.LLC 代表一人一人が自分のアイデンティティを持てる社会の実現します。複数社の社外CBO(最高ブランディング責任者)をやっています。「STARTUP」×「BRANDING」で、ブランディング支援

#音楽 記事まとめ

楽曲のレビューやおすすめのミュージシャン、音楽業界の考察など、音楽にまつわる記事をまとめていきます。
3つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。