【赤のなか、青のなか】20171219

記憶している限り、中3から、意識的に年賀状というものを、極力送らないようにしている。まだ、日常に、携帯電話も、メールやインターネットも、存在しない時代からだ。

はじめの数年は、友人へ返事だけはしていたが、やがてそれも、勇気を持って辞めてみた。

大人の世界では、年賀状だけの、お付き合いというのも、あるだろう。全く否定はしないが、私には必要ないものと決めている。

年賀状を送らないと決めて、毎年発生するであろう時間とコストが節約されたので、個人的には、そう決めたことのメリットしか感じていない。

年末年始にかけての郵便大量遅延の記事をいくつか読んだ。悩ましいところだろうな。収益源としての年賀状。競合他社の値上げによる、現場が捌ききれないほどの、大量荷物の発生。人員不足。

はたして、来年の年賀状は、ちゃんと元旦に届くのかな。私には、関係のない話だが。とりあえず、今すぐ送らなくて良い荷物は、そんな記事が目に入らなくなった頃に送るようにしよう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

さとちさん

【毎日のこと】赤のなか、青のなか

2017年12月13日より。不定期に。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。