見出し画像

”資本力のない個人”の出店の仕方

挑戦に失敗はつきものだ。

僕は29歳で弁当店「park」を開業した。
諸先輩方と比べるとキャリアも浅く(飲食暦5年程度)、経営も勿論初めて。
エリートな人生を歩んでいたわけでもなく、資本力もない。

一般的に、飲食業は他業種と比べ、廃業率がダントツに高いと言われる。3年〜5年で50%以上のお店が潰れると言われるほどだ。

こんな業界に、経営素人の僕が参入した。

客観的に考えれば、率直に言って、僕のお店は5年後には潰れている確率の方が高いと言える。(勿論そうならない為に死に物狂いでやるわけだが)


リスクだらけの飲食店スタートアップ。

個人が、資本力のある煌びやかなお店に右へ倣えで出店をすると、失敗した時に立ち直れなくなる。

そこで僕は”早く小さく始める”ことを選んだ。たとえうまくいかなくとも、リカバリーがきくように。

そんな僕の弁当店「park」の出店方法を、この度LIFULL HOME'S PRESS様に取り上げていただいた。


この記事では僕の話だけではなく、今回の出店でお世話になった、福岡で知る人ぞ知る敏腕不動産屋さんや、スタートアップ支援をしている厨房機器屋さんのお話もご覧いただける。

資本力のない個人が開業する際の参考になればと思う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただき有難うございました。いただいたサポートは、赤子のオムツ代とさせていただきます!

Merci beaucoup :)
14

寺元 力

街の新しいお弁当屋さん“park”代表。九州大学卒業してから飲食の世界へきました。過去にはパリで修行したり。ここではお店の運営についてや経営のこと、あと育児のことなんかを書いていきます。1989年3月4日大阪生まれ。一児の父。

#お店 記事まとめ

思想を持ったお店をつくったり、運営、デザインをしているひとやその感想などの記事をまとめるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。