見出し画像

本を読むことについて.1

*友人の万葉ちゃん(@tgtg95)と二人で、人文学について−−小説や本を読むこと、哲学や映画やアートなど、テーマを決めて手紙交換したものを公開していくシリーズです。

マガジンについてはこちら:はじめに−−人文学っておもしろい?


さきちゃんへ

最近、電車の中で、外のベンチで、ベッドで寝転がりながら、暇を見つけては本を読んでいる。
いろんなものに押しつぶされそうになっても、また立ち上がって歩きだせるように読んでいる気がする。つまり、大きく言うと、生き延びるために読んでいる。気がする。

もうちょっと掘り下げてみると、

本を手に取ってページを開くと、文章や絵や写真があって、たまにそのときの感情にフィットするようなものを発見すると嬉しいし、イライラして本どころじゃない、ってときは閉じればすむ話で、私の気まぐれにつきあってくれるのが、その関係性がちょうどいいのかもしれない。
本が、わたしの手の上で「本」でいてくれることに、安心できるのかもしれない。よくわからないけど…。

最近は小説を読むことが多くて、翻訳ものを主に読んでいます。
小説のなかにはブリュッセルのモロッコ人とか、灯台に住む老人と少女とか、原っぱで卓球をする韓国の少年とか、いろんな人がいて、それを知ると自分の懲り固まった意識が解放されるようだし、いまここにいる「私」は、別の「私」でもありえたんじゃないかって考えることで、ふっと心が楽になったりする。解せないあの人のことも、まあ色々抱えていたりするんだろうなしょーがないか、って許せたりする。

あと、なんとなく通り過ぎてしまう日常を、言葉にすることを教えてくれる。たとえば誰かと一緒に食べたご飯がとってもおいしかったとき、それを後から思い返したとき、そこには確かに「おいしかった」以上のなにかがあったな、って自分の中の物語としてそっと保存しておくことができる。

ような気がするな。
まあ、実際は日常に追われすぎて読書どころじゃない日もたくさんあるけど…

そんな感じで、私にとっていま本を読むことはすごくパーソナルなものになっています。

さきちゃんにとって、本とは、読書とは、なんですか?

万葉

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。甘いもののなかでクッキーが一番好きです。袋いっぱいつまったパン屋のアールグレイクッキー、または一枚数百円するどでかいチャンキークッキーへの憧れが強いです。クッキーについてはプロフィールで書きたいくらいなのですがどんだけがんばっても字数オーバーでした。

今日のごはんはさっと鮭を焼くだけです。
30

SAKI.S

睡眠優先で生きてます。writer/editor。日常を記録してゆくmono.coto Japan https://www.monocotojapan.com 。『でもふり』http://amzn.asia/39NorGr 。泊まれる本屋books1016。秋に第一子を出産予定。

人文学っておもしろい?

友人の万葉ちゃん(@tgtg95)とともにやっているマガジン。文学部出身の二人が、人文学ー小説、アート、哲学、映画等々、そんな「役にたたない」とされることについて対談/お手紙交換をしていきます。 二人とも93年生まれ、ドイツ文学やってました。
1つ のマガジンに含まれています

コメント2件

手紙交換によるエッセイというアイデア、いいですね。私も、書き始めは交換日記という形でした。だんだん、書きたいことやスタイルが変化していって、私が書いて友人が読むようになりました。交換日記や手紙のスタイルで書くことには、第一読者への安心感、信頼感が持てるし、流れ続ける友情もいいですよね。
>空の下のマサコさん コメントありがとうございます。手紙交換は、それを目指したというかふだん会えないのでそのかたちを取らざるを得なかった、というかんじだったんですが、読者からすると安心感等が伝わるんですね!新たな発見となり嬉しいです。最近止まっちゃってるのですが続けていきたいとおもいます^^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。