河内音頭

エーさては一座の皆様へ
ちょいと出ました私は
おみかけ通りの悪声で ヨホーイホイ
まかり出ました未熟者
お気に召すようにゃ
読めないけれど 
七百年の昔より
唄い続けた河内音頭にのせまして
精魂こめて唄いましょ
ソラ ヨイトコサッサノ ヨイヤサッサ
エー大和と河内の国境
中にひときわ悠然とヨーホイホイ
エンヤコラセー ドッコイセ
そびえて高き金鋼山 よ 
建武の昔大楠公
その名も楠正成公 
今に伝えた民謡
河内音頭と申します 
聞いておくれよ 荷物にゃならぬ 
聞いて心も うきうきしゃんせ
気から病が出るわいな
唄の文句は小粋でも 
私ゃ未熟で とってもうまくも 
きっちり実際まことに みごとに読めないけれど
八千八声のホトトギス
血を吐くまでも つとめましょ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いれて❤️

であい橋で待ってます

カ行

1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。