タビイク_

タビイクを使ってモロッコにバックパックしてきた!後編

▷前編はこちらから🙋‍♀️

4日目、トドラ渓谷から砂漠の町メルズーガに移動し、
ひとまずのりこさんが取ってくれた(というか昔作ったらしい)砂漠の近くの宿に入り、最低限の荷物だけ持ってサンセットに間に合うよう急いでラクダに乗馬(?)

砂漠ではお風呂に入ったりはできないので、荷物といっても防寒具や砂対策グッズのみ。
あとカメラ持ってる人はカメラ。


iPhoneのメモに残してあった砂漠持ち物リストはこんな感じでした!

✔︎サングラス
✔︎スマホケース
✔︎マスキングテープ➡︎砂が入らないように電子機器に貼る
✔︎軍手➡︎ラクダの持ち手ずっと持ってると痛いって調べたら出てきたので
✔︎虫よけ
✔︎さらさらパウダーシート
✔︎カイロ
✔︎マスク
✔︎リステリン➡︎水回り一切なかったとしても口内環境保てるように

ちなみに、機内必要物用にと持っていっていたナップサックがこのとき大活躍でしたよ〜🎉


サンセットを見つつ砂遊びしてるうちに夜ごはんが出来上がりテントでいただいたら、
たき火を囲んで星を眺めみんなで語り合う後にも先にもないであろう素敵すぎる夜でした。。


砂漠は団体で行った方が絶っっっ対に楽しいので、ここら辺からみんなと来てよかったなぁと思い始める団体行動苦手マンでした。笑


5日目

朝起きて元気な人は朝日を見に砂漠に登ったら(私は低血圧すぎてむりだった)、朝ごはんを食べてまたラクダに乗って宿に戻ります。  


砂でザラザラになった服や身体を洗ったらしばし自由時間。

夕方集合して、最後の晩餐の準備です。


ここの宿では

①ごはん付き(作ってくれる)②ごはんなし(外食する)③キッチン貸出

から選べて、ぜんぶ値段も違います。
私たちは③を選んでみんなでタジン鍋を作って食べました!


6日目

ここからは完全自由解散なのですが、とはいえタクシーもみんなで乗った方が安いし、そんな突然全員ばらけることはありません。  

私は早朝タクシーをチャーターし、フェズ経由でシャウエンに向かう組に入りました。


ちなみに、HP記載の本来のスケジュールだと、4日目と5日目のスケジュールが逆で砂漠がラストナイトなのですが、
今回解散から飛行機乗るまでの時間が短い人が多かったため、スケジュール変更して砂漠が前倒しになりました。

こんなふうにスケジュールは意外とフレキシブルに動かしてもらえます!


ここでタビイクは終了し自由旅となります。

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんがタビイクでは、モロッコで1番有名といっても過言ではないシャウエンには行きません

私は最初行くと思って解散後すぐの航空券を取っていたのですが、行かないと知ってキャン料かけてでも取り直しました。。
(もう1回モロッコくるってなったらもっとお金かかるので)


HPなどでもいかにもシャウエン行く風な雰囲気が感じられるので、要注意です。

ただ、解散後シャウエン向かう人は多いので、帰りの飛行機に余裕もってさえいればタビイクで仲良くなったメンバーと一緒にシャウエンも旅できるかと思います😽

私の場合は7人くらいでフェズまで行き、3人離脱しての4人でシャウエンに行き、また1人離脱して3人でカサブランカの空港に向かい、空港泊できたので宿代が浮きました👏
(女ひとりで空港泊は危ないと止められたのでカサで宿を一応押さえてあった)


タビイクのGood Points🙆‍♀️

・面白い人との出会いがある
・自分じゃ行かないようなところに行ける
・エアビーや宿を貸し切ったり、ひとり旅じゃできない体験ができる
・ものやお金の貸し借りなど、協力しあえる
・旅慣れした引率の方がいるので安心


タビイクのBad Points🙅‍♀️

・シャウエンに行かない
・団体行動なので何をするにも時間がかかる
・基本的に多数決なので、自分の希望が通らないこともある
・当日に宿や交通手段探したり、結構行き当たりばったり
・シャウエンに行かない(大事なことなので2回w)
※今後行程の見直し可能性はアリ


完全バックパック旅で日本とは違うわりと過酷な環境が強いられるので、モロッコで私が体験した範囲だと、

・水回り基本的に汚い
・手洗い洗濯
・シャワーお湯出ない
・お昼ごはんが抜きになったりスナックだけになったりする
・砂漠で体じゅう砂砂になっても朝までお風呂入れない

こんな感じのが無理な人には厳しいかも!
大丈夫な人は楽しめるかと🙆🏻‍♀️

インドとか他のプランはまた少し違ってくると思います。

私は留学を経て去年くらいからやっとそういうのでも大丈夫になったけど、
今回の参加者は1年生も多くすごいなぁと内心感心していました…!


まとめ

いつもの旅行とは違って戸惑うところもたくさんありましたが、最終的には行ってすごくよかったなぁーと思っています!


個人的には「異国で初めましてする日本人と一緒に一定期間活動する」という意味では同じの武者修行にもともと行っていて、
精神的にもう少し衝撃があったり、もう少し強い絆ができるものかなぁと勝手に期待してしまってましたが、
そこまではなかったけど確かに武者修行は名目上インターン、こちらは旅。
そりゃそうかと思いました(笑)

なので、この前提がない他の参加者は別れ際めーちゃくちゃ寂しそうやったし、満足度150%くらいなテンションでした!笑

私は勝手に武者修行と重ねてしまってたためそこまでとは言いませんが、
大学生活最後の最後に素敵な仲間ができ、大学4年間で成長した自分を感じられ、ラクダに乗って砂漠で一夜を明かすとかいう一生モノの体験もできた最高の経験だったということは胸を張って言えます!


今回のモロッコメンバーは1人の休職中社会人以外全員大学生でしたが、タビイク参加に年齢制限はないようなので(時期的にってのもある、多分GWとか年末年始だったらもっと社会人おるはず!)
旅に出たいけど勇気が出ない、ちょっと辺鄙なところに一緒に行ってくれる人がいないとかいう人の背中押しに、このnoteがなってくれていたら嬉しいです💞

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

また見にきてください!
5

ちんとも

六本木のスタートアップで働く新社会人のひとりごと🙊

旅行

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。