ちおる

『泡をたたき割る人魚は』とか『遅刻魔クロニクル』とか書いた

サムイ島旅行記

幼稚園の頃、おみやげにカメラのフィルムケースをもらった。中には白い砂がつまっていた。セブ島の砂浜ですくった砂だそうだ。それは幼稚園の砂場にある灰色の砂よりはるか...

300

Google マップのタイムラインを使って、詐欺師から1700バーツ取り戻した話

ぼんやり海でぷかぷかしたくて、サムイ島に行ってきた。島の天気は変わりやすくて、雲の流れが早い。曇ったり、晴れたりする空の下、浮き輪に捕まって波に揺られていると、...

300

【5分で読める短編】可愛い水着のお姉さん

帰宅したら、水着のお姉さんがベッドに寝転がっていた。  俺が帰ってきたのに気づくや否や、首をもたげる。寝返りをうつのにあわせてビキニの中の胸がゆれる。両肘をつき...

夏だから悪いことしたい

夏だから悪いことがしたい。ほんちょっとだけ悪いこと。たとえば、トウモロコシ畑の中を歩く彼の白いTシャツの襟元にてんとう虫を忍ばせてみるとか、かさぶたのある肘をく...

【5分で読める短編】王子さまの穏やかな1日

好きなところは君の顔。そう答えると彼女は喜ぶ。外見を褒められるのが何よりも嬉しいみたいだ。本当は、外見よりも中身に惹かれたことは秘匿している。  彼女は、相槌を...

夜神月の死ネタばかり書く夢女だった頃の話

※夢小説が苦手な方はブラウザバックでお戻りください。  人生に希望ない。いくら勉強してもハーマイオニーにはなれないし、テニスの大会にでても越前リョーマと並べない...