この年でライターを名乗るとは夢にも思わなかった

95
ノート

50代になってからできるようになったこと

私も中高年と呼ばれる50代になり、自らの老いをひしひしと痛感している。

体力や記憶力の減退が目立つようになり、ただでさえ多かったタスクの抜け漏れがさらに増えて焦ることもしばしば。抜け漏れ対策として、二重三重のタスク管理が必要不可欠になっている。

しかし、50代あたりからできるようになったこともあるので、年を重ねるのもあながち悪くはないと思い始めている。

表面だけでも「大人の余裕」を見せられる

もっとみる
ボタンを押していただきありがとうございます!
11

【備忘録】今さらながら、SEOについての考察を行ってみた。

冒頭からライターにあるまじき発言をします。

ライターになってから今日まで、ほとんどSEOを意識して記事を書いたことがありません。

そんな私が、今さらながらSEOについて考えてみました。

いまだにSEOについてよくわかっていない節がある

最近、ライターになって丸4年が過ぎましたが、いまだにSEOについて理解しているとは言えません。

もちろん、クライアントに「このキーワードは必ず入れてくださ

もっとみる
ボタンを押していただきありがとうございます!
6

私にとって文章を書くことは「排泄」に近い(と最近気づいた)

先日「なつぞら」で主人公の幼なじみの青年がこんなことを言っていた。

「畑仕事は食うことで、絵を描くことは排泄かな」

それを聞いた時、「ああ、私が文章を書くのも『排泄』だわ」と、深く納得した。

今、フリーライターという肩書でもらっているお金の大半は、現在または将来「食う」ために使ったり貯めたりしている。

しかし、お金をもらおうがもらうまいが、私は文章を書くという行為がやめられない。意識し

もっとみる
ボタンを押していただきありがとうございます!
13

他者に苦労を強いる人の言葉は無視していい

日本には、「苦労は買ってでもしろ」といった根性論が好きな人が、非常に多い。

しかし私は、「しなくてもいい苦労をわざわざ選び取る必要はない」と、声を大にして言いたい。これまでの経験から、苦労が必ずしも報われるわけではないことを痛感しているからだ。

苦労は人の可能性を潰す危険がある

このテーマを語るにあたって、大変タイムリーな話題がネットに流れている。大船渡高校野球部監督の采配について喝を入れた

もっとみる
ボタンを押していただきありがとうございます!
21

インボイス制度について思うこと

インボイス制度の導入について、誰もが心の奥底ではわかっているはずなのに、あえて言及しないことを話そうと思う。

2023年より導入される予定にインボイス制度は、現在自営業界隈でかなりホットな話題である。

これまでの税制度では、自営業者の多くがクライアント(客)からもらった消費税をいままで納めずに済んでいたのに、今後はきっちり納める必要が生じているからだ。

確かに、実質的な収入減は避けられないし

もっとみる
ボタンを押していただきありがとうございます!
10

依存的な人は自営業に向いていない…と思う

前から言っているように、私は仕事を辞めてから約20年ぶり、50歳でWebライターの仕事を始めた。

これまではあまりそのことについて周囲に話してこなかったが、最近ようやく周囲にもカミングアウトするようになった。すると、特にパート主婦の人が「そんないい仕事があるの?ぜひ紹介してよ!」と、私にその仕事への足掛かりをつけてほしいようなことを言うのだ。

どうやら、前職からかなりブランクが長い私がやってい

もっとみる
ボタンを押していただきありがとうございます!
17

プロを名乗るようになってから書くことの怖さを思い知った

昔から文章を書くのが習慣になっていて、呼吸するように何かを書いてきた。だからこの年にしてライターの仕事にたどり着いたのだろう。

しかし、文章でお金をもらうプロライターを名乗るようになってから、文章を書くのが非常に怖くなった。自分が書く文章が読者に与える影響を思うと、筆……いや、キーボードを叩く指が日に日に重くなっていくことを実感している。最初にそれを感じたのは、掲載から1年以上経った今もよく読ま

もっとみる
ボタンを押していただきありがとうございます!
17

私のライターの原点は「ボランティア精神」。今もそれは全く変わっていない

私のライターの出発点は地元イベントのボランティア。つまりただ働きだ。そういう働き方をバカにする人もいるが、私はそれも大事な社会貢献の一つだし、立派な仕事のひとつだと思っている。

そんなボランティアライターとしてお金にもならない取材記事を書き続けて8年。今年もただ働きのボランティアとしてその仕事を続けている。それどころか、今年からはよりディープな形で関わっている。



そんなただ働きの仕事が

もっとみる
ボタンを押していただきありがとうございます!
12

デキる人はギラギラした輝きを放っている

さきほどランサーズの実名顔出しトップライターさんたちのプロフィールを見てあることに気づいた。みなさんそろいもそろって顔面偏差値が高いのだ。

正直そのことに感動すら覚えたので、思わずツイートしてしまった(笑)。

また、自分でメディアや会社を立ち上げてしまう人や、押しも押されもせぬ地位を獲得している有名ライターさんの顔面偏差値もおしなべて高い。少なくともどこに出ても恥ずかしくない、とてもいい表情を

もっとみる
ボタンを押していただきありがとうございます!
15

イメージでインプットして論理的にアウトプットする「右左脳」

手や腕の組み方で右脳派か左脳派かがわかる診断がある。いわゆる「利き脳診断」だ。

その真偽のほどはわからないが、私に関しては割と当たっているような気がする。

今回はこの件について書きたい。おそらくなんのこっちゃ?的なよくわからない内容になるが、右脳左脳に興味があれば少し我慢して読んでみてほしい。

手や腕の組み方で右脳型・左脳型を判断する

手を組んだ時下になる方の手や腕でインプットやアウトプッ

もっとみる
ボタンを押していただきありがとうございます!
3