「偽ブログ」の「炎上マーケティング」にうんざりした話

実はこの「note」の他に趣味の手芸ブログを書いている。

忙しいときや気分が乗らないときは開店休業状態となるほど更新が滞るようなブログではあるが、同じ手芸の趣味を持つ人と少しでも繋がろうと思い、一応「日本ブログ村」に登録している。

そこに登録されている中でランキング上位にあるブログの中には、いわゆる「アフェリエイト」による儲けを1つの目的としたものであり、その多くが「WordPress(ワードプレス)」を利用している。

私自身がWebライターの内職をやっている関係で、そういう目的で書かれているブログは書式を見ればひと目でわかるのだが、別にそれ自体には何の問題もないし、アフェリエイトで儲けるのも自由なので、面白く読めればそれでいいやと言う感じで、それらのブログも時折訪問しては普通に読む。

(ちなみに、私自身は独自サーバーをレンタルするお金を払っても絶対元は取れないのでその気が全くない。そもそもnoteは「文章力の向上のための練習の場」として利用させて頂いているだけだ)

ところが・・・である。ブログ村の別のカテゴリで上位にランクインしているブログ同士でいさかいがあったらしいので興味本位で当事者のブログを読んでみたら、そこでアクセス数を巡って醜い誹謗中傷合戦が延々と行われていたので、心底「ドン引き」してしまった。

いや、それだけではなく、もっとひどい足の引っ張り合いがあったのだが、ブログを特定するのもなんだからそこは伏せておこう。

まあね・・・そういうのはネットではよくある話だし・・・

別に嘘で塗り固めたブログであってもそう驚かないけどさ・・・

ブログのアクセスランキングを巡ってアフェリエイトの同業者同士、それも同じアフェリエイトグループ内の内輪もめらしく、本来協力関係にあるはずの仲間(?)が露骨に足を引っ張り合い、それぞれのブログで炎上合戦を繰り広げている様は本当に醜かった。

これってまさに

「炎上マーケティング」

ですよね・・・

※「炎上マーケティング」とは?

出典:Neverまとめ

うーん・・・心底うんざりするわ・・・というのが正直な感想。

確かにお金はあるに越したことはないし、アフェリエイトも一つの「稼ぐ」手段だ。そのような「アクセス数に応じてお金が入るブログ」を開設する場合、独自サーバーの開設料その他の経費もそれなりにかかるだろう。加えてGoogleアドセンスなどのアフェリエイトサービスやWordPressを使いこなすだけのスキルも必要だろうから、それらの自己投資の元を取るためにアクセス数をUPさせたいと思うのはごく当たり前の事だと思う。

それにアフェリエイト系のブログにはお役立ち情報のまとめ記事が結構あり、何かわからないことなどがある時に読むことで問題解決の糸口をつかむきっかけにもなるものも多いので、そのようなブログに多くの読者が集まるのはごく自然な事だろうとも思う。

もちろん、私が読んだ「炎上ブログ」のように1人で複数の人間を名乗り、いくつも嘘のブログを書くこと自体はまったく褒められたものではない。それにブログの内容によってはモラルもへったくれもないものには思わず眉をひそめてしまうが、それが誰かに損害を与えるものでなければそういうブログに私がどうこう言う立場にはない。下手に関わるとろくな事がないからスルーするにかぎる。

そうわかってはいる。わかってはいるんだけどね・・・

人間、欲に目がくらむと何振り構わず醜い姿をさらしちゃうんだと思ったら、なんかすごくいやあな気分になってしまったのだ。

読まなければよかった。今後二度とその手のブログを読みたくないと思うが、多分ネットではそのような嘘で塗り固められたブログだらけであり、アクセス数を上げるためにわざと炎上させ、それによって読者が馬鹿を見るという構図はこれからますます増えるであろうことは容易に想像できる。ああ、うんざりする。

でも何よりうんざりしたのは、そんな「炎上マーケティング」にまんまと騙され、つい両者のブログにアクセスして熟読してしまった私の馬鹿さ加減なんだけど。(溜息)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ボタンを押していただきありがとうございます!
2

大岩楓

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。