ものすごく時間がかかったとしても

ときどき、ものすごく、時間がかかる。
おかしな言い方だけど、わたしはとにかく時間がかかる。かかっちゃう。

最近向き合うことになったこの性質。嫌になりそうにもなったけれど、諦めがついてきた。というか、それがわたしなのだから。自分で自分を、待ってあげるほかないよなあ、と思う。

わたしは頭が良いわけではないし、意思決定のスピードや、判断力、何をとっても、なかなかパッとしない。他の誰かならすぐに理解して判断できそうなことでも、自分の中で解釈して答えを出すのに、ものすごく時間がかかるのだ。それは3日のこともあれば、1週間、1ヶ月なこともあって、ときどき、5年とか10年とか、かかってしまうこともある。

なんていうか、わからないのだ。そんなにすぐ、結論が出せない。このモヤモヤの正体を暴けない。かといってモヤモヤを置き去りにできない。
今、何が大事なのか。じゃあ、何をすべきなのか。そのために何を捨てるのか。決断が大事だと聞いたりもする。もっとスピード感を持つべきなんだろうな。だけど、そんなにすぐわからない。そっと置いておきたいこともある。

もう、しょうがないかなあ。

そんな風に考えていたタイミングで、樹木希林さんと黒木華さん主演の「日日是好日」を観た。

なんとなく、慌ただしい日には観たくなくて。今日こそ、と思ったタイミングで映画館へ。その中で、光のようなことばと出会った。

世の中には「すぐにわかるもの」と、「すぐにわからないもの」の2種類がある。すぐにわからないものは、長い時間をかけて気づいて、わかってくる。子供の頃はまるでわからなかったフェリーニの『道』に、今の私がとめどなく涙を流すことのように。

ああ、これはいちばん今聞きたかったことばかもしれない。誰かにいってほしかったことばかもしれない。

樹木さん演じる武田先生は言う。

「私、最近思うんですよ。こうして毎年、同じことができることが、幸せなんだって。」

毎日同じことを繰り返すのが苦ではないわたしにとって、茶道はとても魅力的に感じた。もっと知りたいと思った。すぐに茶道をやるとかそう言うことではなくて。日常もそう、何気なく続けている日々のことが、何より尊いんじゃないかと思う。


例えば、バスケットボールを10年続けたこと。同じ街で何年も遊び続け、同じ店のメニューを食べ続けること。同じ作家さんの作品をずっと見つめていること。新卒から同じ会社で働いてもうすぐ10年になること。答えのないことをぼんやりといつまでも、頭や心の中に住まわせていること。消化できなかった思い。結論を出さないままで大事に抱えているものごと。ときどき一人でこうして、映画や小説や誰かと交わした会話の中に光がさして、ふとわかったりする。意図せず答え合わせできてしまったりする。

 そういうことがわかっていくのが、いちばん面白い。時間がかかってもいいや。ものすごく時間がかかったとしても、それで。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

うれちい

両想い
130

サチコ

Cotton's (http://www.cottons.co.jp )プロデューサーの大島です。個人的なことは「サチコ」として書いてます。どちらもよろしくお願いします!

週刊サチコ

毎週金曜日→すきなときに更新するサチコの日記帳。 2018.6.22〜!
3つ のマガジンに含まれています

コメント3件

すごく共感があって思わずコメントしています。出そうと思っても出ない時期、何となくふわりと納得感がない時期にそうなりがちだなと。
きっと同じではないんだけど似た感覚がある人がいてなんとなくの安心感がありました。
まさに、今の自分!やきもきします!それ事態楽しめばいいんです!明るい未来を信じて!😁
自分のダメなところを自分で責めない 自分を認めるってのが大切なんですね
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。