MBAマーケティング

『グロービスMBAマーケティング』から読み盗った3つのこと

みなさん、こんにちは。


今回は星野リゾートの教科書のひとつである

グロービスMBAマーケティング』(グロービス経営大学院 編著)

を読んでみました。

個人的な話ですが、グロービスの堀さんが好きなので
グロービス知見録というYouTubeチャンネルをよく観ています。

では、自分の記録のために
本書の概要私が読み盗った3つのことを書いてみます。


本書の概要

第4章ポジショニング、第9章ブランディング戦略など全12章でマーケティングについて体系的に書かれています。専門的な用語の意義や役割、捉え方や考え方などが平易に説明されています。

実際にグロービスで使用している教科書のようですので
内容の充実度は折り紙付きかと思います。


では、私が
グロービスMBAマーケティングから読み盗った3つのこと
を書いていきます。

個人的に内容補足の役割を担っているコラムに感心することが多かったので
印象的だったコラムを3つ挙げていきます。


① 「おーい、お茶」のネーミング

もともと「缶入り煎茶」という名前で売り出していた「おーい、お茶」。
名前の変更理由の一つに『「煎茶」という漢字が読めない人が多数いたこと』があるのは面白いポイントだと感じました。

ネーミングでは、親しみやすいこと、覚えやすいこと、製品との整合性があることなどを考慮した上で、ユニークな語感を持たせることが肝要である。


② 顧客経験価値をコントロールする4つの方法

4つの方法それぞれに納得感があったので書いていきます。

1. Know me and respect me
顧客が、この会社・ブランドは自分のことを知ってくれていて、しかも尊重してくれている、と感じる状態を維持すること。

髪を切りに行く、カフェに行く、居酒屋に行く、どこへ行くにしても覚えてくれているというのはうれしいものだと感じます。
しかし、知り過ぎているというのもよろしくないと書かれています。
尊重してくれているという実感が肝心だと思います。


2. Speak in one voice
どのデバイスでアクセスしても、同一の顧客として扱われていて、企業からのメッセージにぶれがないと感じられる状態を維持すること。

私は一貫性のある人に惹かれます。
コロコロと意見を変える人は好きではありません。
企業を人と同様に考えるのは危険かもしれませんが
企業のファンになるのも誰かのファンになるのも根本は同じな気がします。


3. Make technology transparent
顧客が、テクノロジーの難しさを意識することのない状況を維持すること。

ホテル業界でもネットでいかに予約をとれるかが鍵になっていると聞きます。
テクノロジーを上手に活用したマーケティングが今後ますます重要になってくると感じます。


4. Delight me at every turn
すべてのタッチポイントで顧客を満足させること。

無数に存在する顧客との接点すべてにおいて及第するのは簡単ではないと感じます。
満足させること≒不満を感じさせないこと
と捉えるとしっくりくる気がします。


③ アディダスのマスカスタマイゼーション

アディダスに限らず、顧客それぞれに対応したカスタマイズが広がっています。
ホテル業界でもIT技術を活用して顧客それぞれに合わせたサービスの提供が求められていると感じます。

サービス業でも、製造業の製造工程の工夫に当たるものとして業務プロセス・行動規範およびマニュアルの設計などがあり、マスカスタマイゼーションへの取り組みは製造業に限るものではない。


読み終えての感想

正直なところ、まだまだ全く読み込めていません。
また、学問として研究されていることですので学びは尽きないと感じます。
学んで、実践して、学び直して、実践しての地道な繰り返しを続けていきたいと思います。


次回は
『イノベーターの条件』(ピーター・F・ドラッカー 著)
から読み盗ってみます。

最後までお付き合いいただいて
ありがとうございました。
では、またです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

貴重なお時間をありがとうございます。よき時間となりますように。

励みになります。ありがとうございます。
10

照峰直伸(Terumine Naonobu)

現在、ホテルに勤務しておりますので、星野リゾートの教科書で紹介されているビジネス書を紹介していきます。 『地球は子孫からの借りものである』というネイティブアメリカンの考え方が好きです。 よろしくお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。