猫マンガ第二弾です。

江戸時代後期、猫好きで知られる歌川国芳絵師は東海道五十三次の宿場の名前を、猫に関係する言葉にもじった戯画「其のまま地口・猫飼好五十三疋」(そのままじぐち・みょうかいこうごじゅうさんびき)を描きました。地口(じぐち)とは洒落の事です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

見て頂きありがとうございます!
9
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録