「超」整理手帳2019

長年ご愛用いただいおります皆様のおかげで今年も継続できました! 野口悠紀雄考案のロングセラー手帳。A4四つ折りサイズ、8週間を一覧できるジャバラ式手帳。 これさえあれば、すぐにスマートで効率的なタイム・マネジメントをスタートできます。

お客さまに「捨てられないパンフレット」を渡すコツ(2)

新潟県・弥彦神社のお膝元で、創業300年を超える弥彦温泉で「四季の宿みのや」の代表(現在は会長職)を務める白崎豊大さん。今回はスケジューリングのコツを伺いました。

今日のスケジュールより「数週間先」が大事な理由

──白崎さんは「超」整理手帳をどう使われているんですか?

白崎:「超」整理手帳(スケジュール・シート)はデスクにおいて、数週間分をコピーして、このカバーにはさんで持ち歩いていますね。

もっとみる

お客さまに「捨てられないパンフレット」を渡すコツ (1)

由緒ある新潟県・彌彦神社のお膝元、弥彦温泉で創業300年を超える「四季の宿みのや」。代表(現在は会長職)を務める白崎豊大さんに、意外な手帳術をお聞きしました。

インバウンドで増えた外国への営業

白崎:最近はインバウンド効果で、当館でも外国人のお客さまが増えています。10年前は外国人のお客さまはほとんどいらっしゃいませんでしたが、いまでは1週間のうち少なくとも5日くらいは、団体、個人を問わず、外

もっとみる

敏腕営業マンが「超」整理手帳を選ぶ理由

営業のプロフェッショルとして、『営業は準備が9割!』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)などの著書もある小幡英司さんに、手帳とタスク管理について伺いました。

戻った理由は「軽さ」だった

小幡:私は長年「超」整理手帳を愛用していましたが、実はここ数年、「ジブン手帳」や「ほぼ日手帳」に浮気していたんですよね。先の4月くらいから、また「超」整理手帳を使うようになりました。

──「超」整理手帳に戻っ

もっとみる

仕事と育児の両立をラクにする!(2)

今回は、笹山さんに仕事とプライベートのスケジュール管理について聞きました。

予定は「9時〜18時」と「それ以外」で切り分ける

──仕事とプライベートのスケジュールの管理はどうしているんですか?

笹山:実は、仕事の予定は「超」整理手帳のスケジュール・シートには書いていません。仕事の予定は会社のグループウェア(Outlook)を使います。30分、1時間単位のミーティングは、「超」整理手帳では書き

もっとみる

仕事と育児の両立をラクにする!(1)

今回は、ITコンサルティング会社に勤務する笹山朋子さんに、仕事と家庭(生活)の切り替えやスケジュールについて聞きました。

仕事と育児でスイッチを切り替える

──笹山さんは、フルタイムで働いているんですよね。

笹山:フルタイムです。育児休暇から復職したしばらくは7時間の時短勤務にしていましたが、ほとんどの日で結局8時間勤務ぐらいになっていたので、子供が年長のときにフルタイムに戻しました。小学校

もっとみる

仕事を続けながら税理士合格を果たした「勉強法」(2)

今回は、税理士試験に合格した師岡徹さんに、より具体的な目標管理やスケジューリングの方法を聞いていきます。

ゴールから逆算して予定を立てる

──そういえば、師岡さんは、どういった流れで税理士試験に合格されたんですか?

師岡:1年目は全滅でした。2年目で簿記論、3年目で財務諸表論に合格して、その後大学院に行きながら卒業時に消費税法をとって、6年で終わりました。死ぬほど勉強した6年間でしたね。

もっとみる