見出し画像

仕事と育児の両立をラクにする!(1)

今回は、ITコンサルティング会社に勤務する笹山朋子さんに、仕事と家庭(生活)の切り替えやスケジュールについて聞きました。

仕事と育児でスイッチを切り替える

──笹山さんは、フルタイムで働いているんですよね。

笹山:フルタイムです。育児休暇から復職したしばらくは7時間の時短勤務にしていましたが、ほとんどの日で結局8時間勤務ぐらいになっていたので、子供が年長のときにフルタイムに戻しました。小学校入学前後はちょっと大変でしたが、子供も小学2年生になり、リズムも落ち着いてきました。

──女性って、いくつもの顔がありますよね。とくに子育てして、仕事して、それ以外にも友人と会ったり……となると。

笹山:そういえば私、名刺が3種類あるんです。会社の個人名刺と採用活動用に情報量を削ったリクルーター名刺、あとプライベートの名刺。プライベートの名刺は、会社では旧姓を使い続けているので、現姓で知り合った方向けにつくりました。プライベートで会社名を出す必要もないですし。携帯も、社用スマホと個人スマホ・ガラケーの3台持ちで、使うモノで顔の使い分けをしてるともいえますね。

──それだけ聞いてもお忙しそうなのに、どう切り替えているんですか?

笹山:仕事だけ、家事・育児だけよりも、両立させたほうが楽なんじゃないかと感じています。仕事と育児で強制的にスイッチが切り替わるし、どちらも私の人生にとって大切なものですから。生活のリズムを見つけてしまえば、決して苦ではありませんよ。

──スケジューリングやスイッチの切り替えのために、何か工夫していることはありますか?

笹山:育児休業復帰直後にスケジューリングがうまくいかない時期もあって、いろいろ試行錯誤しました。デジタルツールの活用を試してみたり、主婦向け手帳を使ってみたり。結局、工夫というほどのものではないですが、いまはトラベラーズノートに「超」整理手帳を挟んで使う方法に行き着いています。

──トラベラーズノートのカバーに「超」整理手帳のスケジュール・シートをそのまま挟んでいるんですね。おもしろい!

笹山:「超」整理手帳って、1年分が4枚のシートでできているでしょう。2シート持ち歩けば事足りるし、使いたいときにサッと出してパッと開けるからすごく楽なんです。必要なアクションが少ない分、こまめに見るようになりました。結局、「超」整理手帳に戻ってきましたね。荷物を減らしたいときはスケジュール・シートだけを持てばいいのもメリットです。私はお茶のお稽古などで着物を着る機会がありますが、和装のバッグは小さいから、助かっています。

楽しんだエビデンスをライフログのノートに残す

──たしかに、機動力が上がりそうですね。トラベラーズノートはどんな風に使っているんですか?

笹山:ノートはライフログとして使っています。美術館や舞台のチケットや映画の半券を貼ったり、子供とスタンプラリーに出かけてスタンプを押すのにも使っています。はじめたら楽しくなってきて、いろんなものを貼りつけて楽しんでいます。アナログな作業ですが、きれいにはまったときが妙にうれしかったり(笑)。

──思い出に残るし、プライベートを楽しんでいるのがわかりますね。

笹山:実はこれが、プライベートと仕事の切り替えに役立っているような気がします。あのときこれを観に行ったなとか、こんなことをしたなとか、「ちゃんと自分のことを楽しめている」っていうエビデンスになるんです。レイアウトして貼っている時間もリフレッシュになりますし。

──精神的な切り替えの役目を果たしているのかもしれませんね。

笹山:そうなんです。別に仕事に必要なものではないですが、普段から持ち歩いてふとしたときに見返したりして。ノートが切り抜きで埋まったら、仕事以外でも充実した時間を過ごせてたんだなって思えます。

──こんなふうにビジュアルで残すって、いいですね。

笹山:読み返すと恥ずかしいから、感想を書いたりはしないんですが。ビジュアル的なものを残しておくと、しっかり思い出すことができて楽しいです。旅先のスタンプも積極的に押すようになりました(笑)

次回(2)は、笹山さんのスケジュール管理についてお聞きします!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

「超」整理手帳2019

長年ご愛用いただいおります皆様のおかげで今年も継続できました! 野口悠紀雄考案のロングセラー手帳。A4四つ折りサイズ、8週間を一覧できるジャバラ式手帳。 これさえあれば、すぐにスマートで効率的なタイム・マネジメントをスタートできます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。