マイクロン・テクノロジーズの2019年Q2決算を読む~しぶとく生き残る米国メモリ企業~

今回はDRAM、フラッシュメモリの大手企業マイクロン・テクノロジーズの決算についてみていきます。

マイクロン・テクノロジーズの決算は各需要家別にセグメントがわかれており、さらにDRAMとNAND型フラッシュメモリの出荷別に分かれているので、業界の動向を探りやすいという特徴があります。

また、サムスン電子やウェスタンデジタル、SKハイニックスなど同業他社との利益率の比較をすると、生産調整がいつ頃から始まるかがだいたい予測できる・・・そんな企業となっています。

とりあえず、決算についてみていく前に、まずは同社の業界におけるシェアなどからみていきましょう。


この続きをみるには

この続き:3,557文字/画像19枚

マイクロン・テクノロジーズの2019年Q2決算を読む~しぶとく生き残る米国メモリ企業~

chusotu0721

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

chusotu0721

twitter: @chu_sotu blog: https://chu-sotu.net/ なお、記事内容などに関する質問・連絡などは記事コメント欄にお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。