Nvidia(エヌビディア)のFY2020年Q2決算を読み解く~クラウドゲームは吉か凶か~

今回はNvidia(エヌビディア)の決算を見ていきます。

Nvidiaは、グラフィックに特化した処理を行うための半導体GPUを開発するメーカーです。

同社の製品はゲーム用パソコン向け市場で業界標準としての地位を占めるほか、CG制作などの現場でも利用されており、グラフィック用半導体業界における最大の企業となっています。(※1)

※1・・・同業他社としてはRADEONシリーズを傘下に収めるAMDなど

同社は近年、GPUで培った並列処理の知見を他分野に応用。

自動運転分野やデータセンター分野なども開拓しており、将来的な発展を期待されています。

今回は、Nvidiaの決算解説とともに、GPU市場を取り巻く状況と、今後同社が注力していくデータセンター事業、およびクラウドゲーム市場についての個人的考察などを書いていきたいと思います。


とりあえず、同社についてこれ以上の説明はWikipediaや同社ホームページに譲るとして、さっそく解説していきましょう。

なお、前回の記事は以下


Nvidia 長期業績グラフ 2006年~

この続きをみるには

この続き:6,152文字/画像21枚

Nvidia(エヌビディア)のFY2020年Q2決算を読み解く~クラウドゲームは吉か凶か~

chusotu0721

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

chusotu0721

twitter: @chu_sotu blog: https://chu-sotu.net/ なお、記事内容などに関する質問・連絡などは記事コメント欄にお願いします。

#決算・IRまとめ

ノートで決算・IRを積極的にまとめていただいているマガジンです
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。