アプライド・マテリアルズ(Applied Materials)の2019年Q3決算を読み解く~世界最大の半導体製造装置メーカー~

今回はアプライド・マテリアルズの決算についてみていきます。

アプライド・マテリアルズは半導体製造装置業界で世界最大手の企業であり、半導体製造プロセスのほぼすべてに対して製品を供給している、半導体製造装置の百貨店のような企業です。

※なお、半導体製造工程に関する説明は以下がよく纏まっています。


なお、半導体製造装置のシェアについてですが、

産業向けリサーチ会社のVLSI reserchによると、2018年の半導体製造装置販売でアプライド・マテリアルズは第一位となっています。

(著作権の関係上画像にリンクできません。以下参照してください)

同社は半導体製造プロセスのほぼすべてをカバーする性質上、半導体業界の温度感を示す企業といえます。

今回はそんな半導体業界を取り巻く状況などもふくめて、発表されたばかりの決算数字をみていきます。

なお、前回はこちら


まずは先ほど出てきた直近決算をざっくりとみていきましょう。


アプライド・マテリアルズ 2019年Q3決算 概況

この続きをみるには

この続き:3,128文字/画像31枚

アプライド・マテリアルズ(Applied Materials)の2019年Q3決算を読み解く~世界最大の半導体製造装置メーカー~

chusotu0721

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

chusotu0721

twitter: @chu_sotu blog: https://chu-sotu.net/ なお、記事内容などに関する質問・連絡などは記事コメント欄にお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。