神戸物産(業務スーパー)の2019年Q2決算を読む

今回は業務スーパーを全国に展開する神戸物産についてみていきます。


業務スーパーは製造販売一貫ビジネスでローコスト商品を大量に販売する業態で、関西圏を中心に根強い人気を誇っています。

神戸物産はその業務スーパー事業のフランチャイズ本部を運営する企業であり、FC加盟店の増加とともに業績も右肩上がりで成長しています。

今回はそんな神戸物産の最新決算についてみていきます。


神戸物産の2019年Q2決算概況

まずは神戸物産の直近決算の概況からみていきましょう。

神戸物産の2019年Q2業績は売上は前年比9.9%増、営業利益は21.1%増となりました。

主力の業務スーパー事業が堅調に推移しており、非常に好調な決算にみえます。

また各セグメントごとにみると改善を示しているものも多いです。

とりあえず損益計算書などもみていきましょう。


この続きをみるには

この続き:4,299文字/画像26枚

神戸物産(業務スーパー)の2019年Q2決算を読む

chusotu0721

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

chusotu0721

twitter: @chu_sotu blog: https://chu-sotu.net/ なお、記事内容などに関する質問・連絡などは記事コメント欄にお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。