微生物検査 危機一髪!(10)

微生物検査 危機一髪!(10)
[第10回]検査報告はブラックボックスなのか?
パンドラの箱なのか?
山本 剛 やまもとごう
神戸市立医療センター中央市民病院 臨床検査技術部


はじめに

 いろいろな場所でお話をする機会をいただくが,その訪問先で相談を受けることがある.相談内容は検査技術に関することや検査室の運用に関すること,感染対策に関わることまで幅が広いが,検査技術に関しては微生物検査技師以外の職種は知らないことも多く,すべては微生物検査技師任せになっているのが現状である.そのため「うちの病院の検査結果はこれで正しいのか?」と気づくことはほとんどないと思われる.
 今回は,そういった最近いただいた相談について紹介し,説明をしていく.


この続きをみるには

この続き:4,998文字/画像5枚

微生物検査 危機一髪!(10)

中外医学社Online

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございました!

中外医学社Online

医療者向け情報を発信する中外医学社のnoteです。新刊情報、連載記事、アーカイブや雑誌の単記事販売など、多彩なコンテンツを提供してまいります。   note@chugaiigaku.jp

微生物検査 危機一髪!

1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。