2019-2020


今回のアップデートでキーワード&ジャンル封殺で引っかかりまして、初代ペンギン以来に死んでます。

収益を抑える代わりにリスクを抑える方針をとっていたため、今までそこまでドカンとペナを食らうということはここ数年なかったんですけど、今回久しぶりにド派手に喰らいました。

ただ、これ自体にショックを受けるわけもなく、「あぁついにこの日がきたか」と初代ペンギンの時のショックに比べると至って冷静です。

もともと「自分でやるという意味において、メディアを作り、グーグル上で優遇を受けることで継続的に収益化していく」ということに対して悲観的でしたし、見切りをつけていました。

以前から「現在仮にアルゴリズムが変動前、健康アップデート前のものだった」としても、自分でやるには物量戦で勝ち目がなくジリ貧である、と考えていたからです。

僕は自分で記事を書くタイプなのですが、ここ2年ほど、まともに記事をアップしていない時期を過ごしていました。

記事をアップしても即かぶせで勝ち目がないことに加え、グーグルであげようとしてペナるとそのコンテンツが利用できなくなるのが面倒だったので、割り切ってやってなかったです。

一応書いたりいろいろやってはいたんですけど。

グーグル以外の評価軸で良いコンテンツが作れないか?という方法をいろいろ模索していました。

自分自身は「従来のトラディショナルな意味でのアフィリエイトメディア作り」にウンザリしており、情熱のかけらもありません。

飽きた、ということです。

社員さんがいたら必死にやっていると思うんですけれども。

ただ、理想はあくまで理想であり、蓄えがあるとはいえ、現実的に日銭は必要です。

とはいえ、日銭と割り切ってそちらに傾倒すると、現状の力学から脱出できません。

オワコン説を唱える人も多く、実際それが当てはまっているとも思うのですが、現実どうするんだという話もあるわけで、

「今までやってきたことを踏まえて、今後何をしていくのか?」日銭と理想を踏まえた上で、どうしていくのがいいのかなぁ、とフラットに自分の意見を書いていきたいと思います。

あくまで自分の意見です。

こんなの書いてないで仕事しろってツッコミはなしでお願いします。

1、ドメイン問題をクリアする

今回変動したのはグーグルですけど、アフィリがオワコンか?と言われると100%そうでもないと思っています。

あくまでグーグルでのメディア運営がキツイだけで、youtubeだのインスタだのは関係がありません。

ただ、それを差し引いてもグーグルはお金になりやすい流通プラットフォームですし、やはり重要なプラットフォームであり続けると考えています。

それを踏まえた上で今後は基本はより厳しくなる、イージーなボーナスステージは終わった、という風に自分は考えています。

健康アップデートと今回のアップデートは、グーグルが確実に殺りにきてる印象を受けます。

無理なジャンルと無理なクエリは基本どうやっても無理であると。

該当するキーワードやジャンルに関しては、今までのように「ドメインをとって、真面目に記事書いて読みやすく仕上げて、訪問者の役に立つ中小メディアを作る」ようなやり方そのものが無理であると、僕は素直に考えています。

これが今後緩まるのかもっと締め付けが強くなるのかは自分にはわかりません。

ただ保守的に考えるタイプなので、緩まることはないという前提で考えています。

これ、一見詰んでるように見えますし、実際詰んでるんですけど、冷静に考えるとシンプルに、グーグルがコンテンツを評価してくれるドメインを保有していない、もしくはその保有者とのコネクションが現状ないということが問題なんだと思います。

ここがクリアできれば景色は変わるんじゃないかと思います。

が、おそらくコンテンツSEO業者が凄まじい勢いで売り込みをかけるはずなので、ジョイントしても意外と無双できない可能性があるのと、誰かに頼るのではなく自分で脚を使う必要はでてくるのかなぁ、という気がしています。

あと、今優遇されている市場はグーグルにとっては次の狩場です。

飛んだ時の地獄絵図っぷりを想定した上で、あらかじめ先方と話をする必要はあると思います。

収益化の方法はかなり限られてくるはずで、基本的に収益性は落ちるのではないかと予想しています。

評価されるドメインを準備する。もしくはドメイン保有者とつながる。これが一つ目。


2、目立たないイズジャスティス

今稼いでいる人も含めて99%の人にとってはASPを通したアフィリエイトは今後さらにきつくなると思っています。

というのも、ASPアフィリエイトにおいて、今回のジャンル、およびキーワード封殺で変化となるのが、収益になりやすいジャンルの幅が狭くなったこと。

あと一つ、生き残ったジャンルのサイトの情報漏洩が確実に激しくなるだろうと予想されるということです。

メディア運営者もASPも必死です。当然数字を挙げていた人ほどASPの人と仲が良いです。ASPはどこも上場企業なので、収益に対するプレッシャーは相当大きいはずです。

当然サイト運営者からしても「何か良いジャンルありませんか?」となりますし、担当者も数字に穴が空いて必死なので、当然社内のデータから引っ張ってきて現状数字の出ている案件ジャンル情報を渡すはずです。

この商売は基本、ドメインの問題さえクリアすれば後出しが有利な世界です。

と考えると、どのジャンルに行くにしても、今どうであろうと今以上の地獄が待っていることに変わりはありません。

ASPを通すのはもちろん便利ですし、面倒な手続きも調整もしてくれるのでメリットもあります。しかし誰でも利用できるがゆえに、弱者におけるグーグルメディア運営ではそれ相応に諸刃の剣な面もあるとは思っています。

担当者レベルでは大丈夫でもデータが社内で共有されているため、どうしても漏れてます。これが悪いとかそういう話ではなく、そういうものだから仕方がないという話です。彼らにも数字があるので。

なので、高確率で今無事なジャンルは、SEMはともかく、SEOに関しては荒れると踏んでます。もしくは荒れるスピードが上がる。

そういう意味で、仮に細く長くできる市場を知っている場合でもサイトを大きくしすぎず、効率が悪くても分割してASPも意図的にバラす方針は一つの正解だと思います。名前だしませんが、とある方のブログでもありましたが。

目立たないと参入者の数が減りますし、グーグルにも目をつけられないので、目立たないイズジャスティス。

これが二つ目。

ちなみにASPのことはディスってません。僕自身お世話になってきましたし、これからお世話になります。

ただ現実的にそういうどうしようもない力学があるという話です。

3、目立つイズジャスティス

3つ目は徹底的に目立つ。

自分が目立つか、人に目立ってもらうかはなんでもいいんですけど。

youtuberとかインスタグラマーとかインフルエンサーとか有名人芸能人なんでも。

自分がなること
社内で育てる
スカウトする
外部にスポットで頼む

こんなもんかなと軽く列挙しました。

ただ、今までのようにリンクを集める、というのではなく、よりメディアと融合した展開がないと、なかなか積み上げていくのは厳しいのかなという気もしています。

他にもyoutuberの動画をグーグル用にメディア化する。一緒にやりませんか?的な方法もあるでしょう。

動画作るのもグーグル用の記事を書くのもコストがかかるので、やりきるのが個人レベルだと難しいです。現実的に。

ただこれはおそらく利益配分で揉めるのと、おそらくやる人が増えるので飛んだ時にどうなるんだというw

信用がない相手とジョイントすると悲惨な未来しか見えないやつです。

自分がすでに数字を持っているyoutuberで、この話を持ちかけられたら、利益配分はかなりこちらよりに設定します。

こちらに有利にしても、彼らも横の繋がりはあるはずで、多分すぐにバレて問題になるはずです。

収益性はかなり落ちると予想します。

自分がなるにしても車内で育てるにしても、面白いものが作れないので、このハードルの高さと一発一発が記事を書くよりも大変なはずなので、ここも心折れるやつかなと思います。

徹底的に目立つ。もしくはきちんとした読者や応援してくれるファンを作るか、作っている人とつながる。

ブランドを持つという言い方をしてもいいかもしれません。

おそらくグーグルだけではなく、最終的に動画やらインスタやら書籍やら、シームレスになっていくのかなとなんとなく思います。

これが三つ目。


4、プラットフォームを変える

グーグルでコンテンツ出すのやめて、インスタだのフェイスブックだのyoutubeだのtik tokなどのコンテンツプロバイダーになる。

ユーチューバーになるとかインスタグラマーになるとかそういう話です。

グーグル主戦場はやめるというあれです。

今我々基本、ググラーじゃないですかw

グーグルのためだけにコンテンツを作っているので。

ただ、どのプラットフォームも劣化が激しく、それを守るための垢BANリスクは今後高まっていくはずなので、直近行けても割とグーグルやインスタがダメ出しているグレーな領域はきついんじゃないかなという気もしています。

ただ、目立つほど通報されるでしょうし、やはりグレーなところは今のグーグルと同じように夜も眠れない生活になる気がしています。

〇〇バー、〇〇ラーになる。これが4つ目。


5、横軸ローラーメディア

ジャンル、例えば脱毛とか引っ越しサイト、食べログ、アットコスメを縦軸だとすると、横軸サイト、マイベストですとか価格コムは横軸サイトだと自分は思っているんですけど。

「価格」とか「私の一番」って横串が刺さっており、その串にジャンルという短冊がぶら下がっているようなやつです。

これが5つ目。

ただ、これ記事数が必要なのと、企画しても理想通りの記事の質を、それなりの数揃えることのハードルの高さから、おそらくできる人が限られてます。

記事の質と拡大スピードの調整で全て決まる気がしています。あと継続的にドメイン力を上げていく問題も追加。

記事の質を上げると、おそらく拡大スピードはかなり落ちるはずです。

で途中でグーグルに捕獲された時の世紀末感を想像すると涙が。。。

「価格」とかそれ系のわかりやすい横軸は模倣が容易がゆえに、お金あるところが勝ちやすいのと勝者が一つになりやすいので、筋力ある人向けかなと思います。

例えばですけど、「可愛い」とか「イケてる」とかって言葉としてはありますけど、いろいろ種類があってその良さを言語化できないような横軸がそういう意味ではいいのかなと思います。

しかし、いうまでもなく再現性がなく模倣されづらいがゆえに自分で作るのも難しいという問題が。

横軸ローラー。これが5つ目



と、5つ上げてきましたけど、どの道も今よりは大変かなと思います。
アドで回す方法は除外しました。

というか、誰でも書けるような記事を書いて月数百万とかがそもそも狂ってるように自分は思ってます。

もちろん自分自身のことを含めてです。

ただそれでも稼げでこれたこと、同年代の人よりは確実に蓄えができたこと、には感謝していますし、アフィリエイトを始めた時に比べたらかなり恵まれているので、ネガティブになる必要はないと思っています。

確実にアフィリエイトを始めた時よりは楽なはずです。お金と経験があるので。
体は動かなくなりましたけど。

そういう意味で自分は恵まれていますし、過去振り返っても、ピンチになるたび、不安と戦いながら真剣に考えて、結果として成長して良いものが作れるように自分はなってきました。

むしろ飛んでなく青天井の方が人間腐って人生めちゃくちゃになってるような気もしています。

良薬はまずいものですし、マックやらコーラやらラーメンやら美味しいものは大体体に毒なのが相場です。

収益的には死んでますけど、来月の生きていくお金がないわけでもないですし、良い機会なのかなと自分は前向きに捉えています。

最後謎の楽観精神論になりましたけど、まとめると

グーグル命コース

1、ドメイン問題をクリアする
2、目立たないイズジャスティス

脱グーグルorグーグルは一部コース

3、目立つイズジャスティス
4、プラットフォームを変える
5、横軸ローラーメディア路線

今後やるならこんな感じになるのかなと個人的に考えています。
という話でした。

今まで以上に人と協力して何か一つのものを作ることも多くなってくるような気がしています。

飛ばないことを前提に単独で継続的にメディア運営してくのは、リソース的にかなり厳しいと自分は思っています

スパマー最強説。

どこにいくにしても、おそらく未知の分野や壁が出てくるはずです。

収益が落ちていても、固定費を割っていても多少蓄えがある、もしくは固定費は割らない状態で、ここに金銭的、時間的な余裕を持って、腰を据えて取り組めるのは恵まれていると思います。

貯金もないと、ここに取り組めないので、仮に全くなかったらどこいくにしてもきついかなという気がしています。

自分が知る限りですけど、これすればいいみたいな特効薬ないですw

あったら教えて欲しいですw

ジャンル移動して今までのようなやり方をするのも全然ありだと思っています。

自分の場合、まだ先が長いので、おそらくそれをやると精神が果てるので、選んでないだけです。

自分が80歳年金暮らしで遊ぶ金欲しいだけなら躊躇なくペラサイト量産してます。

この辺は人によって違うでしょうし、正解も人によって違うでしょう。

ただ、皆さんと来年も笑っていれたらなぁと思いますし、自分もそこにいたいなぁと思っています。

文章書くの本当に疲れる。

推敲一切しておらず、広く読まれたいとも思わないので拡散不要ですw

ファッキンアルゴ



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16

SEO

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。