言葉に絶望しながらも、書いてしまう

言葉や作品は、誰かに届いた瞬間に別物になる。受け手の心を通すから。色で言うなら、ピンクのものが、水色を通り、紫色になるような。
毎日、絶望するんだ。ネットやテレビの言葉に。誰かの言葉に。
温かい交流、温かい言葉、美しい言葉を見ていたいんだ。言葉が怖い。人が怖い。
だけど、思い出す。祖父の言葉。祖母の言葉。この世界にいなくなって、もう何年も経つのに、私を励まし続ける。生きる力をくれる。
一つの歌に、涙が止まらなくなって、大切なことを思い出すこともある。奮い立つこともある。生きようと思うこともある。家族や友達や本や映画の中の言葉だって。
届かなかった言葉、飲み込んでしまった言葉。後悔もあるけれど。きっと私にも誰かを励ました言葉がある。
絶望しながら諦めきれない。だからまたこうして書いている。なんなんだろうな。答えなんてない。正しいも間違いもない。だけど、なんだろう。言葉が浮かんでしまう。書かないと苦しくなる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

うたびと染矢敦子。シンガーソングライター。

ありがとうございます♪
3

染矢敦子

エッセイ

ブログにはちょっと重いかな。そんな内容のエッセイです。 ブログはこちらです。https://note.chumpeace.net/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。