アイデンティティクライシス

失恋よりもタチが悪いのは、愛に見せかけた支配
私はガラスの破片の上を歩いていた


そんな歌詞で始まる、アイデンティティクライシスという歌。

私が恋人にDVを受けてた経験を元に作った歌。

もう10年ぐらいコンサートで歌ってない。


コンサートで号泣されてた女性。

私にも経験があるとコンサート後に話してくれた女性。

音響の人に「こんな歌を歌ってたら、男性ファンはいないだろう」と言われたことがとても印象的だった。


久々に自宅で歌ってみて、思ったこと。

なかなか歌詞やメロディがいいってこと。

そして、これは私の人生に本当に起こったことだったのだろうか。あまりにも遠く、今の自分とかけ離れていて、戸惑った。


叫び声をあげる私をもう一人の私が見ている
依存、寂しさ、打算、理解者のフリ 目を覚ませ


歌詞もそう歌っている。もう一人の私…。

もう廃盤になったCDには入っているけど、好きって方や、聴いてみたいって方はいらっしゃるかな。

同じ経験をした人や、今そこにいる人の励ましになるのなら、またコンサートで歌ってもいいかな。こんなの聴きたくないって人もいるだろうことも覚悟して…。


アイデンティティクライシス(自己の崩壊)があったから今の幸せがある。

コンサート中のお話、私の変化にも説得力が増すかもしれない。


でもやっぱり今は、優しい歌を歌いたいな。

帰省の時に感じたことを歌にした家族の歌、完成させたい。


薄着で靴を履く私の背中にふわっとかけられる柔らかい布
細かく刻まれた苦手な野菜や 危なくないよう片付けるもの
ずっと昔からあったことなのに優しさだと気づかずにいた
知らず知らず守られ続ける
近過ぎて気づかない
大事なものはすぐそばに


2つの歌の世界観の違い

1つから伝えられるもの

2つ一緒で伝えられるもの

なかなか面白い



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

うたびと染矢敦子。シンガーソングライター。

ありがとうございます♪
7

染矢敦子

エッセイ

ブログにはちょっと重いかな。そんな内容のエッセイです。 ブログはこちらです。https://note.chumpeace.net/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。