春水堂 広報

春水堂(チュンスイタン)は、台湾・台中で1983年に創業の台湾カフェ。1987年に誕生したタピオカミルクティー発祥の店として人気を博し、2013年には東京・代官山で日本初出店。淹れたてのお茶、茹でたてのタピオカから作る無添加・無香料のお茶ドリンクや台湾スイーツ&フードが豊富です。

お茶の革新から生まれたドリンクたち

こんにちは、春水堂広報です。

中国茶の文化を継承するために1987年に誕生したタピオカミルクティーは若者だけにとどまらず、台湾中、アジアへ、そして世界へと広まっていきましたが、春水堂のお茶革新は止まりません。

時代も変わる、お茶も革新し続けなければいけない!

そのスピリットは日本の春水堂にも受け継がれており、日本では台湾本部のドリンク監修のもと、日本ならではの季節の素材を使ったシーズンメニュ

もっとみる

タピオカミルクティー協会

タピオカミルクティー発祥の春水堂(チュンスイタン)では、CSR活動の一環として社内組織で「タピオカミルクティー協会」を運営しております。

タピオカミルクティー協会

一般の方に呼びかけ、タピオカミルクティーが大好きで集まった1,000人の方が会員として共に活動をしてくださっています。現在は大きく分けて3つの活動がありまして、

①タピオカチャレンジ

毎月協会から出すテーマに応じてタピオカドリン

もっとみる

春水堂日本上陸を諦めなかったオトコ。

1983年に台湾・台中で創業、1987年にタピオカミルクティーが誕生した春水堂(チュンスイタン)は現在台湾国内で50店舗を展開中。世界観・品質・サービスを大事にする春水堂は全て直営です。

台湾・台中 現在の春水堂台湾本店

1987年に誕生してから瞬く間に人気となったタピオカミルクティー、ぜひ自分の国でも出店したい!と思う企業からのオファーは数知れず。春水堂は絶対に直営以外しない、海外出店はあり

もっとみる

春水堂のタピオカが小粒な理由。

こんにちは。春水堂広報です。

「春水堂さんのタピオカは小さいですね」とよく言われます。

はい、その通り。春水堂のタピオカは直径9mmの小粒です。

全てはお茶のため!!!

タピオカミルクティー誕生のエピソードでもご紹介しましたが、お茶を飲んで頂きたいという思いから生まれたタピオカミルクティーですがから、主役はあくまでもお茶なんです。

ストローから運ばれてきたミルクティー、タピオカ、シャリシ

もっとみる

「お茶マイスター」が守る春水堂の品質

タピオカミルクティー発祥の「春水堂(チュンスイタン)」は、時代に合わせた革新的なお茶の飲み方を開発する他、常にお茶の文化継承と味への追求をしています。

「お茶マイスター」認定制度
春水堂では、高品質のお茶を提供するために「お茶マイスター」認定制度を導入しています。テストに合格した有資格者である社員のみがお客様へ提供するドリンクを作ることが許されています。「お茶マイスター」は、厳しいトレーニングを

もっとみる