ボクシングと人生について

ボクシングと人生の関係性について、考察をしてみます。

1.前提条件

初回投稿でも記載しましたが、自分はプロボクサーといっても、所詮は凡人であり、一般的なサラリーマンです。

しかしながら、ボクシングを通じて、多くのことを学べたことは事実でありますので、それらの経験則を以下に記載しておきたいと思います。

2.人生での活用

結論としては、ボクシングを通じて、主に以下の3点の経験値を得られたと考えております。

すなわち、もしボクシングをやろうとしている方がいらっしゃりましたら、以下のメリットを説明するであろうと思います。

①ゴールに向けて取り組む姿勢
②精神的安定
③多くの仲間

以下のセクションでは、上記の経験値に対する詳細な考察を記載します。

3.ゴールに向けて取り組む姿勢

「ゴールに向けて、何をいつまでにしないといけないか?」

上記の考え方は、ボクシングを通じて学びましたが、人生において、多くの事例に適用できるフレームワークであると考えます。

ボクシングでの上記フレームワークの学びの機会としては、試合に向けての過程です。

すなわち、「いつ時点までに、体重をどれくらいに落とさなくてはいけないか?どれくらいの回転で、本番動けなければならないか?そのためには、各マイルストン(1週間前、2週間前、…N週間前、…)のいつ時点で、どれくらい動けるようになってなければいけないか?そのためには、なわとびは・・・云々」といったことをゴールを見据えて考えながら、練習のカリキュラムを検討していきます。

※ここで「ゴール」の定義は、ただ結果を残すだけではなく、「結果を誰々かに報告して、喜んでもらう」というような、より抽象度の高いゴール設定にする必要があります。これについては、論点がズレるので、また別の機会があれば、記載をしたいと思います。

上記を通じて学んだフレームワークは、自らが能動的に考えきたからこそ、様々な場面での応用例が考えられます。例えば、システム開発において、リリース日が3か月後であったっとすると、

どの工程をいつまでにどれくらいの進捗で進めて、終わらせなければいけないか?どの工程がクリティカルパスになり、次のフェーズに進めるのか?

といったことを無意識に考えられるようになります。すなわち、目標地点を設置し、それに対するマイルストンを置きながら、ステップを踏むことができるのです。

4.精神的安定

変な例えですが、例えてしまうと「核武装」です。

すなわち、一般的な人よりも、多少なりとも運動量が多いという前提から、仮に公共の場で、(ほぼあり得ないのですが(笑))物理的な攻撃を受ける危機があったとしても、ある程度回避できる確率が高くなると考えます。

また、ボクシングを頑張った経験そのものが、辛い出来事や理不尽な世の中に対して、向き合う後押しになってくれると考えます。

5.多くの仲間

これは本当にタイミング、確率などにも寄るのですが、ジムではたくさんの仲間を得られます。

同じ目的に対して、共感しあいながら、切磋琢磨できる仲間が得られることは、結果云々よりも、人生において役立つ財産となるのではないでしょうか。

また、同じ価値観を持っている仲間でありながら、各人が様々な職種で仕事をしていることも、重要であると考えます。すなわち、一つの仕事に邁進しているだけでは、そのプロジェクトのボトルネックに向き合った際、迷路に迷いこんで、精神的な不安が増大します。そこで、ボクシングという別な環境があれば、練習での脳内デフラグ、ジムメイトとの諧謔などによって、そういった精神的不安が、解消されるきっかけになってくれます。

今日もスパーリングをしましたが、終わった後に、お互いの刹那のタクティクスを論理的に語り合い、お互いの強みを伸ばし、弱みを克服するための工夫を考察しました。殴り合った後なのにも関わらず、笑いながら。

もちろん、ジムによっては、雰囲気がありますので、一概には全てが上記のような環境ではないことは、ご留意いただけたらと思います。余談ですが、自分のジムのボクサーは、多くの人たちが高学歴で、真面目です。けれども、大変な練習が必要であるからこそ、愚直な人たちが残っていることは、必然なのかなと思います。(ゆえにガチンコファイトクラブは、一つのドラマです。)

【留意点】

メリットだけを記載すると、いいことだらけのような気がしますが、デメリットも多くあります。

具体的には、身体的なダメージや疲労、精神的な苦痛、余暇時間の制限などなどありますが、それらに関しては、また別途、記載してみたいと思います。

▲今日のスパーリング前。※自分自身への一言:3R目に顔が上がってしまっていたので、しっかりと前傾姿勢をキープするべき。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

chiba yuuta

某会社のSE、プロボクサー。最近思うことをまとめるため、初めてみました。 ■資格:プロボクシングライセンス/情報セキュリティスペシャリスト/データベーススペシャリスト/応用情報技術者/LPIC lv1/oracle master silver/TOEIC600
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。