ときに早く、遅く、よどみつつ
近付いたり離れたりしながら
流れてゆく灯篭は、

ご先祖様の魂のようであり、
私たちの人生のようでもあった。

流されるのではなく、
流れるように生きよう。

どんな人生も美しい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録