わたしの世界が変わった瞬間 ー 台湾のおじいちゃんおばあちゃんとの出会い

※2016年8月31日にハテナブログに書いた記事の転載です。


10月21~24日に、
《日本を知る、わたしを知る台湾ツアー》第1回を開催します!✨✨✨

FBページ https://www.facebook.com/events/840770622690418/
申込みフォーム https://goo.gl/forms/Z5yWeQuThESNhzw02


ただの観光じゃない、日本人の歴史をたどり
そして自分自身を知る3泊4日のツアー。
このツアーは、たくさんの想いをこめて開催させていただきます!!!(๑˃̵ᴗ˂̵)و
なぜ開催しようと思ったのか、を今日は書きます☆



「そうだ、台湾ツアーをしよう!!!」


約3ヶ月前のこと、
沸いてきた想いに突き動かされるようにして
この台湾ツアーの開催を決めました。


※ちなみに「じゃあ中国語話せたほうがいいよね!」って
 その1ヶ月後の7月に台湾にプチ留学してきましたよん・*・:≡( ε:)


その想いというのは

日本語世代のおじいちゃんおばあちゃんの
体験・想いを
繋げたい、共有したい!!


少し説明しますね。

台湾は、日本が統治していた時代がありました。
日清戦争後の1895年から、第二次世界終戦の1945年までの約50年間。

この時代に生まれ、日本の統治のもとに育ったのが
「日本語世代」とよばれる方たち。
その名の通り、日本語を母国語レベルで話されます。


ー 彼らは、日本のことをどう思っていると思いますか?


わたしは昨年の10月、はじめて
そのおじいちゃんおばあちゃんにお会いしました。
友人の企画した台湾ツアーがきっかけでした。

お会いする直前、
今までに経験したことのない緊張を感じているわたしがいました。

言葉で表現しがたい感情でしたが
一言でいうなら「怖い」という想いが一番近かった。


「日本のことをどう感じているのだろう?
 辛いこともたくさんあっただろう。
 何を話されるのだろう・・・」


日本人、という自分を強く感じました。

思えば、いち個人ではなく、縦のつながりとしての「日本人」を
わたしが初めて体感した瞬間だったのかもしれません。


でも、彼らにお会いして、
わたしの緊張と怖さはすぐに消えました。

「よくいらっしゃったわねぇ」

にこやかに歓迎してくれるおじいちゃんおばあちゃん。

そこにいたのは、
想像していた「日本の植民地下にあった人たち」ではなく
「元日本人」の方々でした。


いろんなことを話してくださいました。

日本が台湾に莫大な投資をして近代化を進めてきたこと、
日本の先生との心温まる思い出、
終戦後、大陸からきた国民党により弟さんが無実の罪で殺されたこと、
国民党に隠れて剣道をしたり日本語を話していたこと、
戦後に日本が台湾に対して何もしてくれず悲しかったこと、
今でもNHKをよく見ていて相撲が大好きなこと・・・

「日本に感謝している」と言ってくださいました。

「この想いを日本の若い方たちにも伝えてね」とも。


今でも、愛情をもって日本を見守ってくださっている
その想いにふれて、涙がとまりませんでした。


わたしには想像つかないほどの、
本当に大変な人生を送ってこられたのだと思います。

無知な自分が本当に恥ずかしかったのですが、
終始にこやかに、お話してくださいました。
いくつになっても矍鑠として活動しているかっこいい姿。

「生きていてくれて、ありがとうございます。」


わたしは何も言えなくて、こう言うのが精一杯でした。

そのときの写真。わたしひどい顔、、、


この出会いは、わたしの人生の中でも
ベスト5に入るくらい大きな衝撃をうけた出会いでした。
世界が、価値観がかわりました。

実はわたし、おじいちゃんおばあちゃんにお会いした後
モヤモヤ悩んだ時期があったんです。

命をかけて日本のために戦った方々、
困難な時代を生きてきた方々のおかげで、
今のわたしが生きている。

わたしの生き方は、
このままでいいのだろうか・・・

って、生き方に疑問がでてきたんです。

だって、それまでのわたしのモットーは
「自分を生きる!とにかく楽しむ!」
だったから。。

でも、ぐるぐるした挙句

一番の供養は
感謝の気持ちをもった上で、やっぱり
自分をめいっぱい楽しんで生きることだ!!!

という結論に至りました。


だって、自分がその時代に生きていたらきっとそう思うもん。
将来の子孫には、自由に思い切り楽しんで暮らしてほしいって。
そんな時代の礎になれるなら、身を投げ出せるかもしれないなって。

わたしを生きる覚悟、が
一段と深くなったということかな。

そしてそれは、わたしだけのためではないということ。




これはわたしが感じたことだけれど、
あなたがどう思うかはわからない。

でも、きっとたくさんのことを感じられると思うのです。

 昔のことなんてしらなくてもいいじゃん。
 今を生きるのが大切!

っていう人もいるかもしれない。
でも、わたしは、日本の先輩方がしてきたことを知ることで
今がすごーく豊かになると思ってる。

例えば、
あなたの両親がどんな風に出会って愛を育んで
あなたが生まれたのか、ってことを知ったら、
嬉しくなるじゃない?
もっともっと幸せに生きよう、って思わない?

そんな感覚なんです。




まあ、いろいろ書きましたが
簡単にいうと

日本語世代のおじいちゃんおばあちゃんが
かっこよくてかわいくて大好き
なんです。

会いにいけるうちに、
みんなで会いに行こうよ!!


だって、もう80代~90代なんです。

正直・・・お会いできる期間は長くありません。

本当に胸が痛くなるのですが、、、
実際、わたしが昨年お会いした方々の中にも
連絡がつかなくなったり、家を出るのが難しくなってしまった
という方が何人もいらっしゃいます。

だから、今、開催しなきゃ!!!!

そんな想いに突き動かされて
台湾ツアーの開催を決めました。


孔子廟で2月に出会った李おじいちゃん。
7月にも会いたかったのだけど、連絡がとれなかった・・・

→ 後日、連絡とれました!
  連絡とれなかったときには「もしや、、」と思ったけど、元気そうでよかった♬





わ~~~~
かなり、長くなったので、続きはまた書きます!

台湾ツアーの詳細はこちらから。

FBページ https://www.facebook.com/events/840770622690418/
申込みフォーム https://goo.gl/forms/Z5yWeQuThESNhzw02



最後に、第1回ツアーで行く年・花蓮の写真を(๑˃̵ᴗ˂̵๑)

自然がとーーーっても美しくって、
青い海、青い川、大理石でできた山、切り立った断崖絶壁、など
見所がたくさんあって、原住民文化にも触れられて
生きるエネルギーをビンビン感じられる大好きな都市なんですよー。

そして、そこに住んでいた原住民と日本人との関わりがまた、
半端なくって、本当に感動するのです。。。。。(˚ ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )✨✨✨


水が本当に綺麗。青く澄んだ川。


圧倒されるほどの断崖絶壁が続く・・・!!


山が大理石でできているんです!岩肌が美しい✨


海もキレイ。石がかわいい。



朝は海辺を散歩♬





ああ、はやく行きたーーーーーーーーーい!!!!




・・・・・・・・・・・・・

日本を知る、わたしを知る台湾ツアー 第1回 台北・花蓮編
10月21日(金)〜24日(月)
https://www.facebook.com/events/840770622690418/


日本旅女連盟
旅する女たち3人で活動しています!
http://tabijorenmei.wixsite.com/tabijo


Facebook
https://www.facebook.com/chikako.sakamoto.505


Instagram
https://www.instagram.com/cicaco_sk/

・・・・・・・・・・・・・



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。